佐藤 春夫

(サトウ・ハルオ)
『佐藤春夫 (文学者)』より : 佐藤 春夫(さとう はるお、1892年(明治25年)4月9日 - 1964年(昭和39年)5月6日)は、近代日本の詩人・作家。艶美清朗な詩歌と倦怠・憂鬱の小説を軸に、文芸評論・随筆・童話・戯曲・評伝・和歌とその活動は多岐に及び、明治末期から昭和まで旺盛に活動した。筆名を潮鳴、沙塔子、雅号を能火野人と称した。初代新宮市名誉市民。 学生時代 和歌山県東牟婁郡新宮町(現・新宮市)に医師・佐藤豊太郎(号は鏡水)、政代の長男として生まれる。母・政代は旧紀州藩士で御庭奉行を務めた竹田家の娘。佐藤家の家系は代々紀州の下里町で医を業とし、父の豊太郎に至って九代を数えている。父の豊太郎は正岡子規に私淑した文人でもある。 1898年(明治31年)4月に新宮第一尋常小学校(丹鶴小学校)に入学。和歌山県立新宮中学校(現・和歌山県立新宮高等学校)在学中、佐藤潮鳴の筆名で校友会誌に「おらば籠」、1908年(明治41年)には『熊野実業新聞』に短歌6首掲載、『明星』に「風」の題で投稿し短歌が石川啄木の選に入り、和貝彦太郎主宰の「はまふゆ」の同人となり、「馬車・食堂」(短歌・詩)を発表。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)
主な受賞歴
第6回 読売文学賞小説賞

佐藤 春夫の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

現代語訳・徒然草 (河出文庫)


佐藤 春夫 翻訳 /
河出書房新社

現代語訳 徒然草 (河出文庫)


佐藤春夫 翻訳 /
河出書房新社 2015-07-31
世間や日常生活を鮮やかに、明快に解く感覚を、名訳で読む。合理的・論理的でありながら皮肉やユーモアに満ちあふれていて、極めて現代的な生活感覚と美的感覚を持つ精神的な糧となる代表的な名随筆。

田園の憂鬱



新潮社

田園の憂鬱



新潮社


佐藤 春夫の著書を検索する

佐藤 春夫の関連ニュース


佐藤 春夫のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、佐藤 春夫と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「佐藤 春夫」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.