佐藤 得二

(サトウ・トクジ)
佐藤 得二 (さとう とくじ、1899年1月30日 - 1970年2月5日)は、日本の仏教学者、作家。 岩手県胆沢郡金ケ崎町出身。盛岡中学校、第一高等学校を経て東京帝国大学哲学科卒。哲学研究者として朝鮮の水原高等農林学校(現・ソウル大学校農業生命科学大学)、京城帝国大学予科教授、第一高等学校教授を歴任。『仏教の日本的展開』は名著として知られる。その後、文部省督学官、社会教育局長、国際文化会館参与などを務めた。 戦後は結核に罹患し、貧困にも苦しむが再起し、1963年には親戚の女性の話をもとにした初の小説『女のいくさ』を刊行、直木賞を受賞。当時64歳という最高齢での受賞であり、「老人の新人」出現として話題をよんだ(のち、記録は古川薫の65歳での受賞に破られる)。また『女のいくさ』は直木賞作品で初めてベストセラートップ10となった。これは髪結いとして成功しながらも、売れない台本作者と結婚し、その夫に裏切られてしまう女性の、明治初期から現代までの歴史を描いた作品。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)
主な受賞歴
第49回 直木賞

佐藤 得二の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

佐藤 得二の著書を検索する

佐藤 得二の関連ニュース


佐藤 得二のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、佐藤 得二と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「佐藤 得二」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.