里見 弴

(サトミ・トン)
『里見とん』より : 里見 弴(さとみ とん、1888年(明治21年)7月14日 - 1983年(昭和58年)1月21日)は、日本の小説家。本名は山内英夫(やまのうち ひでお)といった。 1888年(明治21年)、有島武と妻幸子の四男として神奈川県横浜市に生まれる。生まれる直前に母方の叔父の山内英郎が死去したため、出生直後にその養子となり山内英夫となったが、有島家の実父母の元で他の兄弟と同様に育てられた。 1900年(明治33年)に旧制学習院中等科へと進み、この頃から泉鏡花の作品に慣れ親しむ。同高等科を経て東京帝国大学文学部英文科へと進むが、程なくして同校を退校し、バーナード・リーチにエッチングを教わる。1910年(明治43年)4月、志賀直哉や武者小路実篤らが創刊した雑誌『白樺』に2人の兄と共に同人として参加した。ペンネームの里見は、電話帳をペラペラとめくり指でトンと突いた所が里見姓であったとしている。 志賀の手引きで吉原などで遊蕩し、父母の許しの強要の末、大阪の芸妓・山中まさと結婚した。その経歴が『今年竹』『多情仏心』などの代表作に現れている。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)
主な受賞歴
第7回 読売文学賞小説賞

里見 弴の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

本音



小山書店

私の一日



中央公論新社


里見 弴の著書を検索する

里見 弴の関連ニュース


里見 弴のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、里見 弴と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「里見 弴」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.