関 孝和

(セキ・タカカズ)
関 孝和(せき たかかず/こうわ、寛永19年(1642年)3月? - 宝永5年10月24日(1708年12月5日))は、日本の江戸時代の和算家(数学者)である。本姓は藤原氏。旧姓は内山氏、通称は新助。字は子豹、自由亭と号した。 生涯と業績 生年は寛永12(1635年)- 20年(1643年)の間で諸説あり、はっきりしない。生誕地は上野国藤岡(現在の群馬県藤岡市)と江戸の2説ある。実父が寛永16年(1639年)に藤岡から江戸に移っているので、生年がそれ以前ならば生地は藤岡、それ以後なら生地は江戸と推測される。関の生涯については、あまり多くが伝わっていない。養子の関新七郎久之が重追放になり、家が断絶したことが理由の一つである。 若くして関家の養子となり、また、吉田光由の『塵劫記』を独学し、さらに高度な数学を学ぶ。甲斐国甲府藩(山梨県甲府市)の徳川綱重・綱豊(徳川家宣)に仕え、勘定吟味役となる。綱豊が6代将軍となると直参として江戸詰めとなり、西の丸御納戸組頭に任じられた。孝和は甲府藩における国絵図(甲斐国絵図)の作成に関わり、また授時暦を深く研究して改暦の機会をうかがっていたが、その後渋川春海によって貞享暦が作られ、暦学において功績を挙げることはかなわなかった。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)

関 孝和の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

関孝和全集



大阪教育図書

関孝和の人と業績―関孝和三百年祭記念出版


関孝和三百年祭記念事業実行委員会 監修 /佐藤 健一 編集 /真島 秀行 編集 /
研成社

起元解 2巻


関 孝和 その他 /
Kindleアーカイブ 2017-02-11
原本出版年:不明 原本出版者:写本電子書籍は、国立国会図書館が所蔵し、インターネット上に公開している資料で、著作権保護期間が満了したタイトルの画像データを、Kindle本として最適化し制作

関孝和全集 (1974年)


平山 諦 編集 /下平 和夫 編集 /広瀬 秀雄 編集 /
大阪教育図書

関流和算書大成 第1期―関流四伝書 (1)


東アジア数学史研究会 編集 /岡本 和夫 編集 /川原 秀城 編集 /渡辺 純成 編集 /佐藤 賢一 編集 /安大玉 編集 /
勉誠出版


関 孝和の著書を検索する

関 孝和の関連ニュース


関 孝和のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、関 孝和と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「関 孝和」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.