関川 夏央

(セキカワ・ナツオ)
関川 夏央(せきかわ なつお、本名は早川哲夫、1949年11月25日 - )は、日本の小説家、ノンフィクション作家、評論家で、かつては漫画原作者であった。 新潟県長岡市出身。新潟大学教育学部附属長岡中学校を経て新潟県立長岡高等学校卒業。上智大学外国語学部中退。早稲田大学客員教授。国土審議会圏域部会委員。2008年から神戸女学院大学客員教授。 母親は大学の英文科の出身で、教育熱心であり、小学生時代から英語を教えられたが、必要性を感じず、挫折。また、父親は高校の国語教師で柔道をやっており、柔道を教え込まれた。中学では宣教師の教師から英語を学ぶ。また、高校1年の時には、アルバイトでためた金で家出し、自転車で西宮まで行った。 大学中退後、1973年に『週刊プレイボーイ』で、フリーのデータマンとして半年、仕事をする。その後、出版社に編集者として就職するが、給与の低さに退職。 また、24歳から25歳にかけて結婚していたこともあるが、離婚。 その後、様々な仕事をするが、1977年には編集者の櫻木徹郎(サン出版で1974年にゲイ雑誌『さぶ』を創刊。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)

関川 夏央の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

坊っちゃんの時代 : 1 (アクションコミックス)



双葉社 2016-02-15
という時間軸に交錯する群像を、関川夏央の気鋭の原作を得て、名手・谷口ジローが渾身の力で描いた話題作。歴史上の人物たちの同時代的邂逅が意表を突く!!

『坊っちゃん』の時代―凛冽たり近代なお生彩あり明治人 (アクションコミックス)


谷口 ジロー イラスト /
双葉社
『坊っちゃん』の時代―凛冽たり近代なお生彩あり明治人 (アクションコミックス)

邪魔(下) (講談社文庫)


関川 夏央 解説 /
講談社

坊っちゃんの時代 : 4 明治流星雨 (アクションコミックス)



双葉社 2016-02-15
という時間軸に交錯する群像を、関川夏央の気鋭の原作を得て、名手・谷口ジローが渾身の力で描いた話題作。歴史上の人物たちの同時代的邂逅が意表を突く!!

事件屋稼業 : 1 (アクションコミックス)



双葉社 2013-05-31
深町丈太郎。私立探偵、身長177センチ、体重75キロ、面長、筋肉質。醜男ではないがハンサムとは言い難い。女医と結婚、一女カオリをもうけるが離婚、心はさびしき愛の狩人……。ユーモア・ハードボイルドストー

坊っちゃんの時代 : 3 かの蒼空に (アクションコミックス)



双葉社 2016-02-15
という時間軸に交錯する群像を、関川夏央の気鋭の原作を得て、名手・谷口ジローが渾身の力で描いた話題作。歴史上の人物たちの同時代的邂逅が意表を突く!!

関川 夏央の著書を検索する

関川 夏央の関連ニュース


関川 夏央のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、関川 夏央と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「関川 夏央」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.