妹尾 河童

(セノオ・カッパ)
妹尾 河童(せのお かっぱ、本名同じ、旧名:妹尾 肇〈せのお はじめ〉、1930年(昭和5年)6月23日 - )は、兵庫県神戸市林田区(現在の長田区)生まれのグラフィックデザイナー・舞台美術家・エッセイスト・小説家。 エッセイ『河童が覗いた』シリーズで発表されるその緻密な手書きイラストレーションも知られている。妻はエッセイストの風間茂子。 人物・来歴 小学生の時芥川龍之介の『三つの宝』を裕福な友人から借りたくて、その友人が冗談で出した「空中2回転が出来たら貸す」という条件を鵜呑みにして失敗、肩から落下して骨折した。本自体は友人が父親に内緒で貸し出した。 旧制第二神戸中学校(現・兵庫県立兵庫高等学校)に進学。家を空襲で失い、学校に住むことになったが、教室を等分してすのこで区切るという簡易部屋であったため一時期荒れる(仕切りであるすのこは、間を障子紙で塞いだ粗末なもので隣の子供が一日中妹尾家を穴を開けて覗き見していたため精神的にイラついたという)。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)

妹尾 河童の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

河童が覗いたヨーロッパ



話の特集編集室

少年H(上) (講談社文庫)



講談社 2012-09-28
胸に妹尾肇のイニシャル「H」の文字を編み込んだセーター。外国人の多い神戸の街でも、昭和12年頃にそんなセーターを着ている人はいなかった……。洋服屋の父親とクリスチャンの母親に育てられた、好奇心と正義感

妹尾 河童の著書を検索する

妹尾 河童の関連ニュース


妹尾 河童のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、妹尾 河童と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「妹尾 河童」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.