芹沢 光治良

(セリザワ・コウジロウ)
芹沢 光治良(せりざわ こうじろう、1896年(明治29年)5月4日 - 1993年(平成5年)3月23日)は日本の小説家。静岡県沼津市名誉市民。 晩年には、「文学はもの言わぬ神の意思に言葉を与えることだ」との信念に拠り、"神シリーズ"と呼ばれる、神を題材にした一連の作品で独特な神秘的世界を描いた。 静岡県駿東郡楊原村大字我入道(現在の沼津市我入道)に父・常蔵(後に常晴と改名)、母・はるの子として生まれる。生家は網元。1900年 父が天理教に入信し無所有の伝道生活に入ったため、叔父夫婦と祖父母に育てられる。世話になった叔父の家も後に天理教会となる。1915年沼津中学校(現・静岡県立沼津東高等学校)卒業後、沼津町立男子小学校の代用教員となる。1919年第一高等学校仏法科卒業。1922年東京帝国大学経済学部卒業。農商務省に入省。1925年農商務省を辞任しソルボンヌ大学に入学、金融社会学のシミアン教授 (François Simiand) に学ぶ。フランス滞在中に結核に冒され療養につとめる(スイス・レザンには、芹沢が療養したとされるサナトリウムがその当時の建物のままで現存しており、名門校レザンアメリカンスクールの校舎として使用されている)。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)

芹沢 光治良の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

パリ留学生 (1958年)



角川書店

巴里に死す



勉誠出版

神の微笑



新潮社

プチ・ブルジョア (1950年) (世界文学選書〈第35〉)


芹沢 光治良 翻訳 /
三笠書房


芹沢 光治良の著書を検索する

芹沢 光治良の関連ニュース


芹沢 光治良のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、芹沢 光治良と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「芹沢 光治良」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.