芝木 好子

(シバキ・ヨシコ)
芝木 好子(しばき よしこ、1914年5月7日 - 1991年8月25日)は、小説家。 東京府王子町大字王子(現在の東京都北区王子)生まれ、7歳から浅草区浅草東仲町(現在の台東区雷門)に移住。東京市田原尋常小学校(現在の台東区立田原小学校)卒。東京府立第一高等女学校(現在の東京都立白鴎高等学校)卒。1941年5月に経済学者の大島清と結婚、本姓を芝木から大島へと変える。大島清については『丸の内八号館』に当時の様子が書かれている。 1941年に発表した戦時下の統制された築地青果市場を舞台に家運再興の為懸命に生きる八重の姿を描く『青果の市』で、1942年に第14回芥川賞受賞。戦後に書いた『湯葉』(1960年)、『隅田川』(1961年)、『丸の内八号館』(1962年)の 3作品は自伝三部作と言われ、作風が確立される。 他の作品に『隅田川暮色』(1982-83年)、『洲崎パラダイス』(1954年)、『夜光の女』(1955年)『葛飾の女』(1966年)等。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)
主な受賞歴
第14回 芥川賞

芝木 好子の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

隅田川暮色



文藝春秋

火の山にて飛ぶ鳥



中央公論新社
帯有りません。若干のスレと少しヨゴレはありますがほぼ普通です。中身は少しヤケはありますが比較的きれいです。

ベニスの商人 (少年少女世界の名作1)


田村 耕介 イラスト /芝木 好子 翻訳 /
偕成社

群青の湖(うみ)



講談社


芝木 好子の著書を検索する

芝木 好子の関連ニュース


芝木 好子のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、芝木 好子と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「芝木 好子」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.