柴田 翔

(シバタ・ショウ)
柴田 翔(しばた しょう、男性、1935年1月19日 - )は、日本の小説家、ドイツ文学者、東京大学名誉教授。 東京生まれ。私立武蔵高校卒業。東京大学大学院独文科を経て同大教授。1964年に当時の学生群像を描いた「されどわれらが日々―」で芥川賞を受賞した。 東京府東京市足立区栗原町生まれ、板橋区出身。東京都板橋区常盤台に育つ。武蔵中学校・高等学校を経て東京大学に入学。工学部から文転して独文科を卒業し、1960年同大学院独文科修士課程修了、助手となる。同年同人誌『象』に発表した小説「ロクタル管の話」が『文學界』に転載され、芥川賞候補となる。1961年に修士論文を改稿した『親和力研究』でゲーテ賞を受賞、翌年ドイツ留学。 1964年『象』に発表した「されど われらが日々―」で第51回芥川賞を受賞。六全協に影響された学生群像を描いたこの青春小説は、累計186万部というベストセラーとなった。 以後も『贈る言葉』(1966年)、『鳥の影』(1971年)、『立ち盡す明日』(1971年)などを発表した。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)
主な受賞歴
第51回 芥川賞

柴田 翔の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

地蔵千年、花百年



鳥影社 2017-04-04

されどわれらが日々



文藝春秋

されどわれらが日々── (文春文庫 し 4-1)



文藝春秋 2012-09-20
私はその頃、アルバイトの帰りなど、よく古本屋に寄った。そして、漠然と目についた本を手にとって時間を過ごした。ある時は背表紙だけを眺めながら、三十分、一時間と立ち尽した。そういう時、私は題名を読むよりは

Webサービス開発徹底攻略 Vol.2 (WEB+DB PRESS plus)


WEB+DB PRESS編集部 編集 /
技術評論社

親和力 (講談社文芸文庫)


柴田 翔 翻訳 /
講談社

親和力 (講談社文芸文庫)


柴田翔 翻訳 /
講談社 2013-12-06
富裕な男爵エードゥアルト、エードゥアルトの友人の大尉、エードゥアルトの妻シャルロッテ、シャルロッテの姪のオッティーリエ、この4人の男女の織りなす恋愛図式。それは人倫を越えた、物質が化学反応を示して互い

柴田 翔の著書を検索する

柴田 翔の関連ニュース


柴田 翔のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、柴田 翔と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「柴田 翔」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.