澁澤 龍彦

(シブサワ・タツヒコ)
澁澤 龍彥(しぶさわ たつひこ、本名、龍雄(たつお)、1928年(昭和3年)5月8日 - 1987年(昭和62年)8月5日)は、日本の小説家、フランス文学者、評論家。 別名のペンネームに澁川龍兒、蘭京太郎、Tasso S.などがある。晩年の号に呑珠庵、無聲道人がある。旧字を新字に直す慣例のある出版界でも珍しく、いまだに名前の漢字全てが旧字体のまま出版されているが、澁澤自身は生前自らの名前が「竜」の字で代用されるのを嫌っており、「私は署名をするときにも、竜彦などとは間違っても書かない。(略)これはタツではなくて、尻尾の生えたカメみたいではないか」(『記憶の遠近法』所収「ドラゴン雑感」)と記している。 誕生 東京市芝区車町(現・東京都港区高輪)に澁澤武・節子の子として生まれ、埼玉県川越市、東京市滝野川区中里(現在の東京都北区中里)に育つ。父の武は銀行員。母の節子は実業家で政治家の磯部保次長女。渋沢栄一やその孫の渋沢敬三と遠戚にあたるが、龍彦の家が澁澤家の本流(東の家)で、栄一や敬三の家は支流(中の家)である。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)
主な受賞歴
第39回 読売文学賞小説賞 / 第9回 泉鏡花文学賞

澁澤 龍彦の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

澁澤 龍彦の著書を検索する

澁澤 龍彦の関連ニュース


澁澤 龍彦のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、澁澤 龍彦と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「澁澤 龍彦」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.