島田 裕巳

(シマダ・ヒロミ)
島田 裕巳(しまだ ひろみ、1953年(昭和28年)11月8日 - )は、日本の宗教学者、作家、劇作家、東京女子大学非常勤講師、NPO法人葬送の自由をすすめる会会長。放送教育開発センター(現メディア教育開発センター)助教授、日本女子大学教授、東京大学先端科学技術研究センター特任研究員を歴任。 東京都出身。東京都立西高等学校を経て、1976年(昭和51年)東京大学文学部宗教学宗教史学専修課程卒業。同大学大学院人文科学研究科修士課程修了、1984年(昭和59年)、同博士課程満期退学(宗教学専攻)。宗教学者・柳川啓一の影響を強く受け、とくに通過儀礼(イニシエーション)の観点での宗教現象の分析に関心をもち、専門課程で宗教学を専攻することを決意する。当時の柳川ゼミでは、調査者であることを明かさずに宗教団体に参加して調査するという「もぐり込み」手法が盛んに行われており、島田は農業ユートピアの実現を目指す「山岸会」(幸福会ヤマギシ会)を研究対象に選んで参加。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)

島田 裕巳の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

人はなぜ不倫をするのか (SB新書)


上野 千鶴子 その他 /丸山 宗利 その他 /竹内 久美子 その他 /島田 裕巳 その他 /福島 哲夫 その他 /宋美 玄 その他 /山元 大輔 その他 /池谷 裕二 その他 /
SBクリエイティブ

タオ自然学―現代物理学の先端から「東洋の世紀」がはじまる


吉福 伸逸 翻訳 /田中 三彦 翻訳 /島田 裕巳 翻訳 /中山 直子 翻訳 /
工作舎

反知性主義と新宗教 (イースト新書)



イースト・プレス 2017-02-10

反知性主義と新宗教 (イースト新書)



イースト・プレス 2017-05-25
「日本的反知性主義の系譜」を説き明かすアメリカのキリスト教が生み出した「反知性主義」は、ついにはトランプ大統領を誕生させ、その潮流の勢いを再確認させた。

ウチの母が宗教にハマりまして。 ~My mom is addicted to religion.~



ベストセラーズ 2014-01-31
嫁ぎ先が新興宗教を信仰していたら?いきなり実家の母が宗教にハマったら?「新宗教」のタブーに挑戦した、笑って泣ける、そしてタメになるコミックエッセイ!宗教

ウチの母が宗教にハマりまして。


島田 裕巳 監修 /
ベストセラーズ

「日本人の神」入門   神道の歴史を読み解く (講談社現代新書)



講談社 2016-05-27
人間と宗教の歴史は長く深い。それは国民国家のレベルを超えて「人はどこで何ために生きるのか」という場所性や共同体に関わる問いでもある。日本人にとって、神道と天皇、また皇祖神との繋がりは重要であった。本書

島田 裕巳の著書を検索する

島田 裕巳の関連ニュース


島田 裕巳のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、島田 裕巳と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「島田 裕巳」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.