清水 博子

(シミズ・ヒロコ)
清水 博子(しみず ひろこ、1968年6月2日 - 2013年10月10日)は、日本の小説家。 北海道旭川市出身。 北海道旭川東高等学校、早稲田大学第一文学部文芸専修卒。在学中は江中直紀、久間十義の薫陶を受ける。 1991年、「早稲田文学」に卒業制作「マジョリカ譚」が掲載。 1994年、「本の写生」で第18回すばる文学賞最終候補。 1997年、「街の座標」で第21回すばる文学賞。 1998年、『街の座標』で第20回野間文芸新人賞候補。 1999年、『ドゥードゥル』で第21回野間文芸新人賞候補。 2001年、「処方箋」で第125回芥川賞候補。『処方箋』で第23回野間文芸新人賞受賞。 2005年、「ないちがいち」で第31回川端康成文学賞候補。 2006年、「vanity」で第134回芥川賞候補。 2013年10月10日死去。45歳没。 作品リスト 街の座標 集英社、1998 のち文庫  初出:『すばる』1997年11月号 ドゥードゥル(1999年、集英社)(空言、ドゥードゥル) 処方箋 集英社、2001 のち文庫  初出:『すばる』2001年6月号 ぐずべり(2002年、講談社) 亜寒帯 ぐずべり(『群像』2002年4月号) カギ(2005年、集英社) 初出:『すばる』2003年10月号 vanity(2006年、新潮社、ISBN 9784103016519) 初出:『新潮』2005年10月号 単行本未収録作品 マジョリカ譚(『早稲田文学』1991年6月号) ないちがいち(『群像』2004年1月号) カリマツの家(『すばる』2006年6月号) ヤング・ドーミン(『群像』2006年11月号) 台所組(『群像』2008年12月) エッセイ・対談等 対談 作家になるということ 清水博子+大泉芽衣子(『すばる』2002年3月号) 講演 どうして「小説家」だったのか(『早稲田文学』2002年3月号) 研究論文 陣野俊史「清水博子論―「書くこと」を書く、その先のこと」(「すばる」2014年2月号) 田中里尚「迷宮としての北海道―――安部公房『榎本武揚』から清水博子『ぐずべり』へ」(岡和田晃編『北の想像力 〈北海道文学〉と〈北海道SF〉をめぐる思索の旅』(寿郎社)) 脚注 ==。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)
主な受賞歴
第23回 野間文芸新人賞

清水 博子の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

街の座標



集英社

病とともに生きる… : 2 (ジュールコミックス)



双葉社 2016-08-05
「うつ」「失声症」「がん」「脳腫瘍」「副作用に悩む女性」。病とともに生きる人たち…そして寄り添う人々を描いた感動作。

カギ



集英社


清水 博子の著書を検索する

清水 博子の関連ニュース


清水 博子のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、清水 博子と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「清水 博子」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.