清水 一行

(シミズ・イッコウ)
清水 一行(しみず いっこう、1931年(昭和6年)1月12日 - 2010年(平成22年)3月15日)は、日本の小説家。 実際に起きた経済事件に関わった実在の人物をモデルに、企業の実態や事件の内幕を描く作風を確立した。高杉良、城山三郎らと並ぶ経済小説の第一人者として知られる。息子に自動車評論家の清水草一、孫にテレビ朝日アナウンサーの竹内由恵、俳優の竹内太郎がいる。 生い立ち 東京府南葛飾郡吾嬬町(現在の東京都墨田区八広)の2階屋が4軒続く長屋で、大工の次男として生まれた。父は忠助、母ははな。清水が生まれた吾嬬町は、『玉の井』と呼ばれる私娼街(娼家が密集している地域)の南側に隣接していた。 母はなは夫の忠助が花札ばくちばかりして稼ぎが悪いので、そばと酒の屋台を出した。 3歳の頃に長野県小県郡滋野村(現東御市)に住む叔母に引き取られる。清水の下に妹ができ、母はなは、妹を背中にくくりつけ、清水と兄を屋台の下の籠の中に入れて、お歯黒どぶのそばで商売を続けていたが、さすがに3人を育てながらでは身体がもたなくなった。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)

清水 一行の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

小説 兜町(しま)



徳間書店 2017-01-06
魚のブローカーから一転、証券会社に転職し、独自の発想と勘で大成功。〈兜町最後の相場師〉といわれた男の波乱万丈の半生を描く。株の世界を知り尽くした経済小説界の巨匠・清水一行の一世を風靡した不滅のデビュー

銀行恐喝 (光文社文庫)



光文社 2011-11-18
北九州N県の地銀・西海(さいかい)銀行は、融資の停止などの業務の見直しを進めていた。そして頭取の久慈悟(くじさとる)は、取引先の怨みを買った。その一泊ゴルフは、闇の世界が仕掛けた罠だった。同伴ホステス

銀行恐喝 (徳間文庫)



徳間書店


清水 一行の著書を検索する

清水 一行の関連ニュース


清水 一行のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、清水 一行と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「清水 一行」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.