清水 邦夫

(シミズ・クニオ)
清水 邦夫(しみず くにお、1936年11月17日 - )は、日本の劇作家、演出家。新潟県出身。新潟県立高田高等学校を経て早稲田大学第一文学部演劇科卒業。演劇企画グループ「木冬社」代表。妻は女優の松本典子。 早稲田大学在学中に初戯曲『署名人』を発表し、注目を浴びる。1960年早稲田大学卒業後、岩波映画に入社するが1965年に退社。劇作家として劇団「青俳」などに戯曲を提供する。 1969年の『真情あふるる軽薄さ』(蜷川幸雄演出)が反響を呼び、蜷川らと結成した劇結社「櫻社」が解散する(1974年)まで、蜷川とコンビを組み、反体制的な若者を描いた作品で人気を集める。9年のブランクを経て、1982年から蜷川との共同作業が復活、『タンゴ・冬の終わりに』では、ロンドン・ウェストエンドでイギリス人キャストによる上演を行った。 1976年、松本典子らと共に演劇企画グループ「木冬社」を旗揚げ。自作の演出も数多く手がける。 その他、俳優座、民藝、文学座などに戯曲を提供する一方で映画やテレビドラマ、ラジオドラマの脚本、小説の執筆活動も行う。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)
主な受賞歴
第8回 泉鏡花文学賞

清水 邦夫の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

子どもの難問


野矢 茂樹 編集 /熊野純彦 その他 /清水哲郎 その他 /山内志朗 その他 /野家啓一 その他 /永井均 その他 /神崎繁 その他 /入不二基義 その他 /戸田山和久 その他 /古荘真敬 その他 /柏端達也 その他 /柴田正良 その他 /鷲田清一 その他 /雨宮民雄 その他 /鈴木泉 その他 /渡辺邦夫 その他 /土屋賢二 その他 /斎藤慶典 その他 /大庭健 その他 /中島義道 その他 /一ノ瀬正樹 その他 /伊勢田哲治 その他 /田島正樹 その他 /
中央公論新社

数学的経験


柴垣 和三雄 翻訳 /田中 裕 翻訳 /清水 邦夫 翻訳 /
森北出版
数学的経験 [単行本] [Dec 01, 1986] デービス,P.J.、 ヘルシュ,R.、 和三雄, 柴垣、 裕, 田中; 邦夫, 清水

関西現代版画史 (美学叢書 7)


関西現代版画史編集委員会 編集 /
美学出版


清水 邦夫の著書を検索する

清水 邦夫の関連ニュース


清水 邦夫のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、清水 邦夫と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「清水 邦夫」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.