下村 敦史

(シモムラ・アツシ)
下村 敦史(しもむら あつし、1981年7月9日 - )は、日本の小説家・推理作家。京都府生まれ。1999年に京都府立向陽高等学校II類理数系を自主退学し、同年大学入学資格検定合格。 2006年より9年連続で江戸川乱歩賞に挑戦。2014年、5度目の最終候補となった『闇に香る嘘』(応募時のタイトルは『無縁の常闇に嘘は香る』)で第60回江戸川乱歩賞を受賞し小説家デビュー。選考委員の有栖川有栖は「相対評価ではなく、絶対評価でA」、今野敏は「自信をもって世に出せるものを送り出せた。ぜひ期待してほしい」と語った。 文学賞受賞・候補歴 太字が受賞したもの 2007年 - 「過去からの殺人」で第10回角川学園小説大賞(ヤングミステリー&ホラー部門)候補。 2007年 - 「暗き情熱のアレーナ」で第53回江戸川乱歩賞候補。 2008年 - 「贖罪に鳴る鐘――サグラダ・ファミリア」で第54回江戸川乱歩賞候補。 2011年 - 「牙を剥く大地」で第57回江戸川乱歩賞候補。 2012年 - 「希望の地は、遥か遠く」で第58回江戸川乱歩賞候補。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)
主な受賞歴
第60回 江戸川乱歩賞

下村 敦史の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

闇に香る嘘 (講談社文庫)



講談社 2016-08-11

闇に香る嘘 (講談社文庫)



講談社 2016-09-09
村上和久は孫に腎臓を移植しようとするが、検査の結果、適さないことが分かる。和久は兄の竜彦に移植を頼むが、検査さえも頑なに拒絶する兄の態度に違和感を覚える。中国残留孤児の兄が永住帰国をした際、既に失明し

失踪者



講談社

失踪者



講談社 2016-09-23
2016年、ペルー。山岳カメラマンの真山はシウラ・グランデ峰を登っていた。十年前、クレバスに置き去りにしてしまった親友・樋口を迎えにきたのだ。しかし、遺体を前に驚愕する。極寒のクレバスに閉じ込められた

サイレント・マイノリティ 難民調査官



光文社 2017-04-28
東京入国管理局の難民調査官・如月玲奈は、シリアから逃れてきた親子に聞き取り調査を行う。難民認定を切実に訴える父に対して娘は、「お父さんは日本に住みたくて嘘の話をしています」と異なる証言をする。困惑する

告白の余白



幻冬舎 2016-11-23

生還者



講談社

生還者



講談社 2015-08-07
カンチェンジュンガで大規模な雪崩が発生、4年前に登山をやめたはずの兄が34歳の若さで命を落とした。同じ山岳部出身の増田直志は、兄の遺品のザイルが何者かによって切断されていたことに気付く。兄は事故死では

難民調査官



光文社 2017-04-28
東京入国管理局の難民調査官・如月玲奈が聞き取り調査を行ったクルド人男性のムスタファ。彼は合法的に来日しながらパスポートを処分し、なぜか密入国者を装って難民申請をしていた。時おり見せる怪しげな言動に戸惑

下村 敦史の著書を検索する

下村 敦史の関連ニュース


下村 敦史のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、下村 敦史と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「下村 敦史」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.