下村 湖人

(シモムラ・コジン)
下村 湖人(しもむら こじん、1884年(明治17年)10月3日 - 1955年(昭和30年)4月20日)は、日本の小説家・社会教育家。本名は下村 虎六郎(しもむら ころくろう)、旧姓は内田(うちだ)。 佐賀県神埼郡千歳村大字崎村(現神埼市千代田町崎村)出身。東京帝国大学英文科卒。大学卒業後に母校佐賀中学校教師や鹿島中学校校長等を歴任。教職辞任後は、同郷で高校・大学同窓の田澤義鋪に従い、講演や文筆活動で社会教育に尽力。青少年に影響を与えた『次郎物語』の著者として知られる。 学生時代 生まれて間もなく里子に出されるが、4歳の時に実家に戻る。佐賀中学校時代から、雑誌に詩歌を内田 夕闇(うちだ ゆうあん)の筆名で投稿。このころから、高田保馬、中島哀浪、山口亮一らと親交があった。熊本の第五高等学校では、高田とともに五高校交友誌「龍南」の編集委員を務め、その文才は五高随一と謳われた。東京帝国大学在学中には、「帝国文学」に小説や詩歌を発表し編集委員を務める。 教職員時代 大学卒業後は、学資支援等を受けていた下村辰右衛門の長女菊千代と結婚し養子に入る。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)

下村 湖人の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

下村 湖人の著書を検索する

下村 湖人の関連ニュース


下村 湖人のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、下村 湖人と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「下村 湖人」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.