下村 脩

(シモムラ・オサム)
下村 脩(しもむら おさむ、1928年(昭和3年)8月27日 - )は、生物学者(有機化学・海洋生物学)。学位は理学博士(名古屋大学、1960年)。ボストン大学名誉教授、ウッズホール海洋生物学研究所特別上席研究員、名古屋大学特別教授。 有機化学・海洋生物学を専門とする生物学者、中でも生物発光研究の先駆者であり第一人者。 旧制長崎医科大学、名古屋大学、プリンストン大学、ボストン大学、ウッズホール海洋生物学研究所などに在籍し、発光生物についての研究を継続。その中の一つ、オワンクラゲの緑色蛍光タンパク質の発見は、その後生命科学、医学研究用の重要なツールに発展して2008年(平成20年)のノーベル化学賞受賞に結びついた。 2010年現在は、日本国籍のままアメリカ合衆国のマサチューセッツ州ファルマスの自宅に設置した発光タンパク質研究室で研究を継続している。身長は182cm。 生い立ち 京都府福知山市に陸軍軍人の家に生まれる。父の生家は長崎県雲仙市瑞穂町にあり代々庄屋を勤めた名家。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)

下村 脩の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

下村 脩の著書を検索する

下村 脩の関連ニュース


下村 脩のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、下村 脩と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「下村 脩」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.