子母澤 寛

(シモザワ・カン)
子母澤 寛 (しもざわ かん、1892年2月1日 - 1968年7月19日)は日本の小説家。北海道厚田郡厚田村(現・石狩市)出身。本名・梅谷 松太郎。洋画家の三岸好太郎は異父弟にあたる。 祖父の梅谷十次郎(通称、斉藤鉄太郎又は鉄五郎)は、幕府から切り米20俵の家禄を受けていた御家人で彰義隊に参加し、箱館戦争に敗れて捕虜となったが釈放され、札幌へ移り開墾に従事するが成功せず、札幌から10里ほど離れた石狩の漁村・厚田で漁場を持った。この祖父は網元で、旅館と料理屋を兼ねた「角鉄」も経営した村の顔役だった。御家人崩れのやくざ風な人柄であったとされる。創価学会第2代会長戸田城聖と同郷で少年期よりの知己である。後に子母澤の出版を戸田の会社が受け持っており、相当数の著作を発表している。子母澤寛も厚田に生まれ、早くに実母と別れ、祖父に溺愛されて育った。 旧制北海中学校(現北海高等学校)、明治大学法学部卒業。はじめは弁護士志望だったが、帰郷して材木会社に勤め、1918年に再び上京し、電気商に勤め、翌1919年読売新聞社に入社。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)

子母澤 寛の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

味覚極楽 (中公文庫BIBLIO)



中央公論新社 2014-02-07
歴史文学の名作『新撰組始末記』で知られる著者は聞き書きの名人であり、随筆の名手であった。”味に値無し”――明治・大正のよき時代を生きたその道の達人たちの、さりげなく味覚に託して語る人生の深奥を聞書きで

ICHI(1) (イブニングコミックス)



講談社 2014-07-25
幕末最強、女座頭市(ざとういち)、推して参る!! 女がいた。両の瞳は光を知らず、夢も希望も無用の身。あるのは唄と冷たい刃。時は幕末、世は動乱。生きるために唄い、生きるために斬る――。 ◎子母澤寛(しも

ICHI(1) (イブニングKC)


子母澤 寛 原著 /
講談社

ICHI(2) (イブニングコミックス)



講談社 2014-07-25
一途に、侍。伊庭八郎(いば はちろう)見参!! 夢もない、希望もない、哀しい修羅。彼女の名は市(いち)。盲目にして居合の達人。通り名、座頭市(ざとういち)――。仁に厚く、忠に生きる至純の侍。彼の名は伊

ICHI(2) (イブニングKC)


子母澤 寛 原著 /
講談社
原作:子母澤寛 著者:篠原花那

ICHI(3) (イブニングコミックス)



講談社 2014-07-25
まだ、弱い。土方歳三(ひじかた としぞう)、沖田総司(おきた そうし)、未だ熟さず。人の域を超えた仮面の剣客――名を十内(とない)。彼の振るう剣はかわす事も受ける事もかなわない。1861年秋、江戸。ニ

ICHI(3) (イブニングKC)


子母澤 寛 原著 /
講談社

ICHI(5) (イブニングコミックス)



講談社 2014-07-25
士道とは何か。苦悩する斎藤一(さいとう はじめ)。1862年夏、仇を捜すため、己を探すため、東海道から京へと向かう、藤平十馬(ふじひら とうま)と斎藤一。道中二人、生麦村にて日本の窮地に直面す――。 

子母澤 寛の著書を検索する

子母澤 寛の関連ニュース


子母澤 寛のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、子母澤 寛と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「子母澤 寛」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.