篠田 正浩

(シノダ・マサヒロ)
篠田 正浩 (しのだ まさひろ、1931年3月9日 - ) は、日本の映画監督。株式会社表現社代表取締役、早稲田大学特命教授、日本中国文化交流協会代表理事、城西国際大学メディア学部客員教授。 1931年3月9日、岐阜県岐阜市で生まれた。岐阜県立加納高等学校を卒業後、早稲田大学第一文学部に進学。卒業後、松竹に入社した。 1960年代にかけて大島渚、吉田喜重とともに松竹ヌーベルバーグの旗手と呼ばれた。早々に会社と衝突して独立した二人と異なり、篠田は松竹にしばらく残った後、1966年にフリーになり、翌1967年に独立プロダクションの表現社を設立した。前衛的作品も辞さない大島や吉田に比べ、篠田は平易なサービス精神も持ち合わせており、独立後の60年代後半から70年代前半は『心中天網島』(1969年)や『無頼漢』(1970年)などの先鋭的な作品を独立プロから連発したが、70年代後半からは『はなれ瞽女おりん』(1977年)や『鑓の権三』(1986年)などの大手映画会社配給の大作が多い。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)
主な受賞歴
第38回 泉鏡花文学賞

篠田 正浩の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

阿久悠のいた時代―戦後歌謡曲史


篠田 正浩 編集 /齋藤 愼爾 編集 /
柏書房

路上の義経



幻戯書房

日露戦争を世界はどうみたか (司馬遼太郎と日露戦争 第2号)


桜美林大学北東アジア総合研究所 編集 /
北東アジア総合研究所 2010-07-08


篠田 正浩の著書を検索する

篠田 正浩の関連ニュース


篠田 正浩のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、篠田 正浩と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「篠田 正浩」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.