篠田 節子

(シノダ・セツコ)
篠田 節子(しのだ せつこ、1955年10月23日 - )は、日本の小説家、ホラー作家、SF作家、推理作家。 経歴・人物 東京都生まれ。八王子の典型的な商業地区で育つ。小学生時代に冒険小説やSF、コナン・ドイルの『失われた世界』に夢中になり、中学生時代には、『コンチキ号漂流記』や『沈黙の世界』など自然科学系のノンフィクションを中心に、中尾明『黒の放射線』などに読み耽ったという。 東京都立富士森高等学校、東京学芸大学教育学部卒業後、八王子市役所に勤務する。全部で13,4年勤務するが、その間に福祉、教育、保健(健康管理)など様々な部署に異動、配属された。市立図書館の立ち上げにも携わり、図書館には5年10か月勤務したが、キャリアアップや転職志向が強く、心ここにあらず状態で「困った職員だった」と本人はインタビューで振り返っている。 30歳の時、朝日カルチャーセンターの小説執筆講座に通い、直木賞作家多岐川恭の指導を受ける。多岐川の退職に伴い一時通うのをやめるが、32歳の時に再び講談社フェーマススクール・エンタテイメント小説教室に通い始め、山村正夫から小説の手ほどきを受ける。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)
主な受賞歴
第117回 直木賞 / 第10回 山本周五郎賞 / 第22回 柴田錬三郎賞

篠田 節子の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

神鳥(イビス) (集英社文庫)



集英社 2016-02-05
夭逝した明治の日本画家・河野珠枝の「朱鷺飛来図」。死の直前に描かれたこの幻想画の、妖しい魅力に魅せられた女性イラストレーターとバイオレンス作家の男女コンビ。画に隠された謎を探りだそうと珠枝の足跡を追っ

神鳥(イビス)



集英社

長女たち



新潮社

夏の災厄 (角川文庫)



KADOKAWA/角川書店 2015-02-25

夏の災厄



毎日新聞社

夏の災厄 (角川文庫)



KADOKAWA / 角川書店 2015-02-25
どこにでもあるような町にミクロの災いは舞い降りた。熱にうなされ痙攣を起こしながら倒れていく人々。後手にまわる行政の対応。現代生活のもろさを20年も前に予言していた、警鐘を鳴らす書!

夏の災厄 (文春文庫)



文藝春秋

ブラックボックス (朝日文庫)



朝日新聞出版 2016-09-07

女たちのジハード (集英社文庫)



集英社
女たちのジハード (集英社文庫) [文庫] [Jan 01, 2000] 篠田 節子

篠田 節子の著書を検索する

篠田 節子の関連ニュース


篠田 節子のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、篠田 節子と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「篠田 節子」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.