篠沢 秀夫

(シノザワ・ヒデオ)
篠沢 秀夫(しのざわ ひでお、1933年6月6日 - )は、東京都大田区出身のフランス文学者、学習院大学名誉教授。モーリス・ブランショの翻訳者、研究者としても知られる。 学歴 1948年 - アテネフランセでフランス語を学ぶ 1953年3月 - 東京都立日比谷高等学校卒業 1957年3月 - 学習院大学文学部フランス文学科卒業 1959年3月 - 東京大学大学院人文科学研究科仏語仏文学専門課程修士課程修了、フランス政府給費留学生試験に合格しフランス・パリ大学へ留学(1959年 - 1961年) 職歴・受章 1962年9月 - 学習院大学文学部非常勤講師 1963年4月 - 明治大学法学部専任講師 1966年 - 明治大学法学部助教授 1971年 - 明治大学法学部教授 1973年4月 - 学習院大学文学部フランス文学科教授 2004年3月 学習院大学を定年退職 2004年6月 - 学習院大学名誉教授 2013年4月 瑞宝中綬章叙勲 学習院大在学中は秀才としてならしたほか、当時在籍していたフランス会部にてラシーヌの仏語劇の上演を手掛けた際、独文科で一級下だった児玉清を主役に抜擢(児玉はフランス語を全く解さなかったが、猛特訓の末、大役を務めあげると共に、これを切っ掛けに映画俳優への道を歩むことになる)。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)

篠沢 秀夫の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

神話作用


篠沢 秀夫 翻訳 /
現代思潮新社

篠沢フランス文学講義 2



大修館書店

愛の妖精 (中公文庫)


篠沢秀夫 翻訳 /
中央公論新社 2013-03-28
ベリー地方の田園地帯を背景に、野性の少女ファデットが恋に導かれ真の女へと変貌をとげる。双子兄弟との愛の葛藤を清新な自然描写と共に描く名訳を復刻。

愛の妖精 (中公文庫)


George Sand 原著 /篠沢 秀夫 翻訳 /
中央公論新社

愛の妖精 (必読名作シリーズ)


George Sand 原著 /篠沢 秀夫 翻訳 /
旺文社


篠沢 秀夫の著書を検索する

篠沢 秀夫の関連ニュース


篠沢 秀夫のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、篠沢 秀夫と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「篠沢 秀夫」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.