白石 一文

(シライシ・カズフミ)
白石 一文(しらいし かずふみ、1958年8月27日 - )は、日本の小説家。父は直木賞作家の白石一郎。双子の弟は小説家の白石文郎。2010年「ほかならぬ人へ」で直木賞を受賞。初の親子二代での受賞となった。 来歴・人物 福岡県福岡市生まれ。福岡県立福岡高等学校、早稲田大学政治経済学部卒業。その後、文藝春秋に入社、週刊誌記者、文芸誌編集などを経る。 1992年、瀧口明の名で投稿した『惑う朝』(応募時タイトルは『鶴』)で第16回すばる文学賞佳作。1994年、滝口明の名で『第二の世界』を上梓。2000年、白石名義での「一瞬の光」で再デビューする。 パニック障害を患い、一時休職。現場復帰するも、退社、作家専業となる。 「どれくらいの愛情」が第136回直木賞候補作となる。 2009年「この胸に深々と突き刺さる矢を抜け」で第22回山本周五郎賞を受賞する。 2010年「ほかならぬ人へ」で第142回直木賞を受賞する。父の一郎が同賞に6回(7作)も候補に挙がりながらも落選し続ける姿を見てこういう賞がなければいいとまで思っていた。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)
主な受賞歴
第22回 山本周五郎賞 / 第142回 直木賞

白石 一文の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

彼が通る不思議なコースを私も (集英社文庫)



集英社 2017-03-03
友人の生死を決める衝撃的な現場で霧子が出会った黒ずくめの男。彼は修羅場をよそに、消えるようにいなくなってしまった。後日、霧子は男に再会し、徐々に魅かれていく。彼の名は椿林太郎。学習障害児の教育に才能を

ほかならぬ人へ (祥伝社文庫)



祥伝社 2013-01-10

ほかならぬ人へ



祥伝社

ほかならぬ人へ (祥伝社文庫)



祥伝社 2013-06-07
「ベストの相手が見つかったときは、この人に間違いないっていう明らかな証拠があるんだ」――愛するべき真の相手はどこにいるのだろう?「恋愛の本質」に果敢に挑み、描き上げた“もっとも純粋な”恋愛小説。第14

ほかならぬ人へ


Audible Studios 出版社 /吉田 健太郎 ナレーション /
Audible Studios
二十七歳の宇津木明生は、財閥の家系に生まれた大学教授を父に持ち、学究の道に進んだ二人の兄を持つ、人も羨むエリート家系出身である。しかし、彼は胸のうちで、いつもこうつぶやいていた。「俺はきっと生まれそこ

私という運命について (角川文庫)



角川グループパブリッシング

私という運命について (角川文庫)



KADOKAWA / 角川書店 2013-07-09
大手メーカーに勤務する冬木亜紀が、かつて恋人からのプロポーズを断った際、相手の母親から貰った一通の手紙。女性にとって、恋愛、結婚、出産、家族、そして運命とは……。著者渾身の傑作長編。

一瞬の光 (角川文庫)



角川書店
   橋田浩介は一流企業に勤めるエリートサラリーマン。38歳という異例の若さで人事課長に抜擢され、社長派の中核として忙しい毎日を送っていた。そんなある日、彼はトラウマを抱えた短大生の香折と出会い、その

白石 一文の著書を検索する

白石 一文の関連ニュース


白石 一文のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、白石 一文と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「白石 一文」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.