白川 静

(シラカワ・シズカ)
白川 静(しらかわ しずか、1910年4月9日 - 2006年10月30日)は、日本の漢文学者・東洋学者。学位は文学博士(京都大学)。立命館大学名誉教授、名誉館友。福井県福井市出身。 1923年、順化尋常小学校を卒業後、弁護士廣瀬徳蔵(大阪府会議員を経て立憲民政党代議士)の事務所に住み込み勤務し、成器商業夜間部(現大阪学芸高等学校)に通う。この時期に廣瀬の蔵書を読み漁り漢籍に親しみ独学していった。1930年京阪商業卒業。 立命館大学専門部国漢科(夜間)を1936年に卒業、在学中より立命館中学校教諭に、1941年に立命館大学法文学部漢文学科に入学。同大学予科・専門学部教授となる。1954年より立命館大学文学部教授を務めた。1976年に66歳で定年退職、特別任用教授になる。1981年には名誉教授の称号を受けている。晩年に自らの著作料の一部を大学に寄贈し、記念文字文化研究所が設立された(没時まで所長兼理事長)。 1962年、博士論文「興の研究」により文学博士号を取得(京都大学)。古代漢字研究の第一人者として知られ、字書三部作『字統』[1984年、各.平凡社)、『字訓』(1987年)、『字通』(1996年)は、白川のライフワークの成果である。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)

白川 静の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

常用字解 第二版



平凡社

新訂 字統



平凡社

新訂 字統



平凡社

字通



平凡社

字通 [普及版]



平凡社

孔子伝 (中公文庫BIBLIO)



中央公論新社

孔子伝 (中公文庫)



中央公論社

孔子伝 (中公叢書)



中央公論新社


白川 静の著書を検索する

白川 静の関連ニュース


白川 静のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、白川 静と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「白川 静」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.