白洲 正子

(シラス・マサコ)
白洲 正子(しらす まさこ、1910年(明治43年)1月7日 - 1998年(平成10年)12月26日)は随筆家。 姉に近藤泰子、夫は白洲次郎。長男は白洲春正、次男は白洲兼正、長女は牧山桂子。多くの関連著作を出している白洲信哉(プロデューサーほか)は孫の一人で、兼正と小林秀雄の娘明子の子である。 しばしば白州正子と誤記されるが白洲正子が正しい(洲と州が異なる)。 1910年(明治43年)1月7日 - 東京府東京市麹町区(現:東京都千代田区)に父樺山愛輔と母・常子の次女として生まれる。祖父は樺山資紀(海軍大将、伯爵)、母方の祖父に川村純義(海軍大将、伯爵)。 1914年(大正3年) - 能を習い始める。 1924年(大正13年) - 女性として初めて能楽堂の舞台へあがる。学習院女子部初等科修了。渡米しハートリッジ・スクールに入学。 1928年(昭和3年) - ハートリッジ・スクール卒業。聖心語学校(現・聖心インターナショナルスクール)中退。 1929年(昭和4年) - 白洲次郎と結婚。 1942年(昭和17年) - 東京府南多摩郡鶴川村能ヶ谷(現・東京都町田市能ヶ谷)の古農家を購入。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)

白洲 正子の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

かくれ里 (講談社文芸文庫―現代日本のエッセイ)



講談社
かくれ里 (講談社文芸文庫―現代日本のエッセイ) [文庫] [Apr 03, 1991] 白洲 正子

かくれ里


野中 昭夫 写真 /
新潮社
世を避けて忍ぶ村里――。かくれ里には、美しい自然や歴史、信仰に守られた神秘の世界が存在する。人里離れた山奥ではなく、街道筋から少し離れた場所や新たな道路の建設によってさびれてしまった古い社や寺などが現

西行 (新潮文庫)



新潮社

西行



新潮社

私の百人一首



新潮社


白洲 正子の著書を検索する

白洲 正子の関連ニュース


白洲 正子のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、白洲 正子と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「白洲 正子」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.