翔田 寛

(ショウダ・カン)
翔田 寛(しょうだ かん、1958年 - )は、日本の小説家・推理作家。東京都出身。学習院大学大学院人文科学研究科博士後期課程中退。 美術館勤務および大学での美術史教員の経験がある。2000年、「影踏み鬼」で第22回小説推理新人賞を受賞。2001年、同作を含む短編集『影踏み鬼』で単行本デビュー。以降、歴史上の人物を登場させる作品を、3作続けて刊行。2008年、「誘拐児」で第54回江戸川乱歩賞を受賞した(末浦広海の「訣別の森」と同時受賞)。 受賞・候補歴 2000年 - 「影踏み鬼」で第22回小説推理新人賞受賞 2001年 - 「奈落闇恋乃道行」で第54回日本推理作家協会賞(短編部門)候補 2008年 - 「誘拐児」で第54回江戸川乱歩賞受賞 2014年 - 「墓石の呼ぶ声」で第67回日本推理作家協会賞(短編部門)候補 作品リスト やわら侍・竜巻誠十郎シリーズ 五月雨の凶刃(2008年11月 小学館文庫) 夏至闇の邪剣(2009年5月 小学館文庫) 秋疾風の悲槍(2009年11月 小学館文庫) 寒新月の魔刃(2010年2月 小学館文庫) 炎天華の惨刀(2010年6月 小学館文庫) 精霊火の鬼剣(2010年11月 小学館文庫) 桜吹雪の雷刃(2011年3月 小学館文庫) その他の小説 影踏み鬼(2001年12月 双葉社 / 2004年3月 双葉文庫) 収録作品:影踏み鬼 / 藁屋の怪 / 虫酸 / 血みどろ絵 / 奈落闇恋乃道行 消えた山高帽子 チャールズ・ワーグマンの事件簿(2004年6月 東京創元社ミステリ・フロンティア / 2008年8月 創元推理文庫) 参議怪死ス 明治四年、広沢真臣暗殺異聞(2004年12月 双葉社) 【改題】参議暗殺(2011年7月 双葉文庫) 眠り猫 奥絵師・狩野探信なぞ解き絵筆(2007年2月 幻冬舎文庫) 誘拐児(2008年8月 講談社 / 2011年8月 講談社文庫) 祖国なき忠誠(2009年7月 講談社) 【改題】逃亡戦犯(2012年7月 講談社文庫) 神隠し 子預かり屋こはる事件帖(2010年9月 PHP研究所) 【改題・改訂】幽霊が返した借金 おでん屋こはる事件帖(2014年1月 PHP文芸文庫) 無宿島(2011年9月 幻冬舎) 【改題】過去を盗んだ男(2013年6月 幻冬舎文庫) 忍者侍らいぞう 魚売りのはつ恋に肩入れする(2011年12月 小学館文庫) 築地ファントムホテル(2012年2月 講談社 / 2014年8月 講談社文庫) 愛妹草紙 十死零生の剣(2013年9月 小学館文庫) 探偵工女 富岡製糸場の密室(2014年8月 講談社) 真犯人(2015年10月 小学館) アンソロジー 「」内が翔田寛の作品 小説推理新人賞受賞作アンソロジー2(2000年11月 双葉文庫)「影踏み鬼」 ザ・ベストミステリーズ 2001 推理小説年鑑(2001年6月 講談社)「奈落闇恋乃道行」 【改題】終日犯罪(2004年6月 講談社文庫) 時代推理傑作選 死人に口無し(2009年11月 徳間文庫)「影踏み鬼」 デッド・オア・アライヴ(2013年12月 講談社 / 2014年9月 講談社文庫)「墓石の呼ぶ声」 ザ・ベストミステリーズ 2014 推理小説年鑑(2014年5月 講談社)「墓石の呼ぶ声」 外部リンク 人物風土記 - 著書『誘拐児』が第54回江戸川乱歩賞に輝いた翔田寛さん。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)
主な受賞歴
第54回 江戸川乱歩賞

翔田 寛の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

真犯人



小学館

参議暗殺 (双葉文庫)



双葉社 2011-07-14

誘拐児 (講談社文庫)



講談社 2011-08-12

誘拐児



講談社

誘拐児 (講談社文庫)



講談社 2012-10-18
終戦翌年の夏、5歳の男の子が誘拐された。≪使い古しの新圓(しんえん)で百萬圓を用意しろ。場所は有楽町カストリ横丁≫という脅迫状に従い、屈強な刑事たちが張り込むなか、誘拐犯は子どもを連れて逃げてしまう。

築地ファントムホテル (講談社文庫)



講談社 2016-04-08
明治5年に焼失した日本初の西洋式ホテル「築地ホテル」。その焼け跡から宿泊客の刺殺体が発見された。謎を追うのは、クリミア戦争、アロー号事件など、歴史的報道写真を多数残した英国人写真家、フェリックス・ベア

翔田 寛の著書を検索する

翔田 寛の関連ニュース


翔田 寛のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、翔田 寛と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「翔田 寛」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.