小路 幸也

(ショウジ・ユキヤ)
小路 幸也(しょうじ ゆきや、1961年4月17日 - )は、日本の小説家。北海道旭川市出身。2002年、「空を見上げる古い歌を口ずさむ pulp-town fiction」により第29回メフィスト賞を受賞し作家デビュー。現在、北海道江別市に在住。 北海道旭川市生まれ。デビュー作「空を見上げる古い歌を口ずさむ pulp-town fiction」の舞台でもある旭川市パルプ町で少年期を過ごす。 旭川工業高等専門学校化学科三年次中退。学生時代は仲間とバンドを組み、ミュージシャンの夢を追いかけるが、24歳の時にひとつの区切りとして、札幌の広告制作会社へ就職する。ライター、エディター、プランナーとして勤務する傍ら、「自分だけのものを創りたい」という思いから小説を書き始め、30歳の誕生日に「職業として」の作家を志す。 38歳の時にゲームシナリオの執筆に参加したことをきっかけに14年勤務した広告制作会社を退社。その後は、村上龍原作の同名小説をゲーム化した「五分後の世界」をはじめとするゲームシナリオの執筆や専門学校のゲームシナリオ科講師を務めながら小説の執筆を続け、2002年11月「空を見上げる古い歌を口ずさむ pulp-town fiction」で第29回メフィスト賞を受賞し、作家としてデビューする。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)
主な受賞歴
第29回 メフィスト賞

小路 幸也の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

ラブ・ミー・テンダー 東京バンドワゴン (集英社文芸単行本)



集英社 2017-05-26
若き日の堀田我南人はコンサート帰りに、ある女子高校生と出会った。名は秋実。彼女はアイドルとして活躍する親友・桐子の窮地を救うため、ひそかに東京に来たという。話を聞いた我南人と、古書店“東京バンドワゴン

オール・ユー・ニード・イズ・ラブ 東京バンドワゴン (集英社文庫)



集英社 2016-05-27
青の映画がいよいよ公開されることに。東京下町の古書店“東京バンドワゴン”には、本日も訳ありのお客がやってくる。ある作家の棚の前で涙をこぼしていた女性。実は高校生のときに学校の焼却炉で何冊もの本を黙々と

ザ・ロング・アンド・ワインディング・ロード 東京バンドワゴン (集英社文芸単行本)



集英社 2016-05-27
老舗古書店「東亰バンドワゴン」に舞い込む謎を、大家族の堀田家が人情あふれる方法で解決する、人気シリーズの最新作。医者を目指して勉強を続けてきた花陽がいよいよ受験シーズンに突入。研人は高校生活を送りなが

小路 幸也の著書を検索する

小路 幸也の関連ニュース


小路 幸也のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、小路 幸也と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「小路 幸也」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.