式子内親王

(ショクシナイシンノウ)
式子内親王(しょくし/しきし(のりこ)ないしんのう、久安5年(1149年) - 建仁元年1月25日(1201年3月1日))は、平安時代末期の皇女、賀茂斎院である。新三十六歌仙、女房三十六歌仙の一人。後白河天皇の第3皇女。母は藤原成子(藤原季成の女)で、守覚法親王・亮子内親王(殷富門院)・高倉宮以仁王は同母兄弟。高倉天皇は異母弟にあたる。萱斎院、大炊御門斎院とも呼ばれた。法号承如法。 平治元年(1159年)10月25日、内親王宣下を受け斎院に卜定。以後およそ10年間、嘉応元年(1169年)7月26日に病により退下するまで賀茂神社に奉仕した。 退下後は母の実家高倉三条第、その後父・後白河院の法住寺殿内(萱御所)を経て、遅くとも元暦2年(1185年)正月までに、叔母・八条院暲子内親王のもとに身を寄せた。同年7月から8月にかけて、元暦大地震とその余震で都の混乱が続く中も、八条院におり、准三宮宣下を受けている。八条院での生活は、少なくとも文治6年(1190年)正月までは続いた。 後に、八条院とその猶子の姫宮(以仁王王女、式子内親王の姪)を呪詛したとの疑いをかけられ、八条院からの退去を余儀なくされた。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)

式子内親王の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

式子内親王集(文化九年板本)


清水浜臣 編集 /水垣久 編集 /
やまとうたeブックス 2017-04-30
新古今時代を代表する女流歌人式子内親王、その百首歌三種と、爾余の勅撰入集歌を収録した『式子内親王集』の電子書籍です。江戸後期の著名な国学者である清水浜臣の校訂になる文化九年江戸書舗版本を原

校註式子内親王集(補訂版)



やまとうたeブックス 2017-04-30
新古今時代を彩る天賦の歌人たちの中でも、曲折ある調べの美しさと抒情性豊かな点において、式子内親王は他の追随を許しません。賀茂斎院として神に仕え、籠りがちな独身生活を通したにもかかわらず、時に激しい恋歌

式子内親王全歌集 (1982年)


錦 仁 編集 /
桜楓社

式子内親王全歌集



桜楓社


式子内親王の著書を検索する

式子内親王の関連ニュース


式子内親王のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、式子内親王と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「式子内親王」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.