庄野 潤三

(ショウノ・ジュンゾウ)
庄野 潤三(しょうの じゅんぞう、1921年(大正10年)2月9日 - 2009年(平成21年)9月21日)は、日本の小説家。 来歴・人物 大阪府東成郡住吉村(現・大阪市)出身。帝塚山学院小学校・大阪府立住吉中学校を経て、1941年(昭和16年)12月に大阪外国語学校(現・大阪大学外国語学部)英語科を卒業。更に九州帝国大学法文学部で東洋史を専攻するが、戦時中の特例措置で繰り上げ卒業となる。 終戦後大阪府立今宮中学校(大阪府立今宮高等学校)の歴史教員となり、野球部長として同校野球部の第19回選抜中等学校野球大会(1947年)出場を率いた。その後朝日放送に入社し、1955年(昭和30年)に『プールサイド小景』で第32回芥川賞を受賞、「第三の新人」の一人として注目される。1965年(昭和40年)『夕べの雲』で読売文学賞、1969年(昭和44年)『紺野機業場』で芸術選奨文部大臣賞、1971年(昭和46年)『絵合せ』で野間文芸賞、1972年(昭和47年)『明夫と良二』で毎日出版文化賞、1973年(昭和48年)日本芸術院賞、1978年(昭和53年)日本芸術院会員。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)
主な受賞歴
第32回 芥川賞 / 第24回 野間文芸賞 / 第17回 読売文学賞小説賞

庄野 潤三の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

第三の新人名作選 (講談社文芸文庫)


講談社文芸文庫 編集 /
講談社

夕べの雲 (講談社文芸文庫)



講談社 2013-11-29
何もさえぎるものない丘の上の新しい家。主人公はまず“風よけの木”のことを考える。家の団欒を深く静かに支えようとする意志。季節季節の自然との交流を詩情豊に描く、読売文学賞受賞の名作。

大阪文学名作選 (講談社文芸文庫)


富岡 多惠子 編集 /
講談社

夕べの雲 (講談社文芸文庫)


阪田 寛夫 解説 /
講談社

愛撫 静物 庄野潤三初期作品集 (講談社文芸文庫)



講談社 2014-04-25
妻の小さな過去の秘密を執拗に問い質す夫と、夫の影の如き存在になってしまった自分を心許なく思う妻。結婚3年目の若い夫婦の心理の翳りを瑞々しく鮮烈に描いた「愛撫」。幼い子供達との牧歌的な生活のディテールを

前途 (P+D BOOKS)



小学館

明夫と良二 (1980年) (岩波少年文庫)


安西 啓明 イラスト /
岩波書店


庄野 潤三の著書を検索する

庄野 潤三の関連ニュース


庄野 潤三のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、庄野 潤三と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「庄野 潤三」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.