笙野 頼子

(ショウノ・ヨリコ)
笙野 頼子(しょうの よりこ、1956年3月16日 - )は日本の小説家。本姓・市川。三重県出身、立命館大学法学部卒。 自称「神道左翼」の立場からラディカルな政治性を打ち出し、私小説と幻想小説を周到なメタフィクションやポリフォニーを用いて過激に混成させた作風で、「闘う作家」「メタの女王」などと呼ばれる。 2011年度より立教大学特任教授(文学研究科・比較文明学専攻博士課程前期課程)。 自らアヴァン・ポップ作家と称し、藤枝静男や内向の世代などの影響を受けた独自の私小説を得意とする。概説的には世界への違和感を社会的な視座に見据えつつ、不穏な幻想とスラップスティックなユーモアによって批評的に描くスタイルと言え、この傾向は90年代後半、「論争」を経てからより顕著になった。 初期の作品は緊密な文体で鬱屈した観念・心理表現と澄明な幻想描写の融和を試行した難解なものが多く、発表できても反応はほとんどなかったが、1990年代に賞を立て続けに獲得したことで一気に評価が高まった。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)
主な受賞歴
第111回 芥川賞 / 第7回 三島由紀夫賞 / 第13回 野間文芸新人賞 / 第29回 泉鏡花文学賞 / 第67回 野間文芸賞

笙野 頼子の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

ひょうすべの国 植民人喰い条約



河出書房新社 2016-12-16
ひょうすべに支配され、暴力と抑圧が加速する世界で、詩歌は生き延びることができるのか……腐敗した現代社会に亀裂を穿つ、笙野頼子の新たなる地平!【あらすじ】「NPOひょ

金毘羅 (河出文庫)



河出書房新社

金毘羅



集英社

金毘羅 (河出文庫)



河出書房新社 2015-02-20
「森羅万象は金毘羅になるのだ。金毘羅に食われるのだ」――私と金毘羅の神仏習合一代記。21世紀の世界文学に屹然とそびえ立つ、純文学の極北がここに著者圧倒的代表作! 第16回伊藤整文学賞受賞作品。

猫道 単身転々小説集 (講談社文芸文庫)



講談社 2017-05-12
失礼ですが御主人は? 収入は? 本籍地は? 保証人は? バブル後期の東京で“単身女性の安全な住まい”を求めて漂流する長編「居場所もなかった」に加え、後の“家族”キャト、ドーラ、ギドウ、モイラ、ルウルウ

タイムスリップ・コンビナート



文藝春秋 2013-03-29
海芝浦に向かう「私」を待ち受けるのは浦島太郎、レプリカント、マグロの目玉…。たどり着いた先はオキナワか? 時間と空間はとめどなく歪み崩れていく。言葉が言葉を生み、現実と妄想が交錯する。哄笑とイメージの

笙野 頼子の著書を検索する

笙野 頼子の関連ニュース


笙野 頼子のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、笙野 頼子と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「笙野 頼子」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.