朱川 湊人

(シュカワ・ミナト)
朱川 湊人 (しゅかわ みなと、1963年1月7日 - ) は、日本の小説家、大阪府出身。主にホラー小説を執筆する。 東京都立淵江高等学校、慶應義塾大学文学部国文学科卒業。 出版社勤務を経て、2002年に「フクロウ男」でオール讀物推理小説新人賞を受賞してデビュー。 2005年に『花まんま』で直木賞受賞。 2006年、特撮・アニメ好きがきっかけで『ウルトラマンメビウス』の第32話「怪獣使いの遺産」他2本の脚本を手がけ、後に小説版『ウルトラマンメビウス アンデレスホリゾント』の執筆を担当した。 作風 ホラーの中でも、昭和30年代から40年代の下町を舞台とした「ノスタルジックホラー」を得意とする。作品には、ホラーゆえの怪奇現象や、人間の性(さが)から発する悲劇はありながらも、更にそれらを包む人間の優しさ、逞しさを絡めた暖かみのあるものが多い。わりあい地味な小説分野であるノスタルジックホラーの認知度を高めた点において、氏の貢献度は大きい。 『わくらば日記』の「わくらば」は、主人公の病弱な姉を表したものと思われるが、漢字では「病葉」で、万葉集などに出てくる言葉である。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)
主な受賞歴
第133回 直木賞

朱川 湊人の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

ミステリーの書き方 (幻冬舎文庫)



幻冬舎 2015-10-08
ミステリー最前線で活躍する作家43人が惜しげもなく披露する、極秘の執筆作法。作家志望者、ミステリーファン必読の書。日本推理作家協会 編著 赤川次郎/東直己/阿刀田高

花まんま (文春文庫)



文藝春秋

花まんま (文春文庫)



文藝春秋 2012-09-20
まだ幼い妹がある日突然、母のお腹にいた時のことを話し始める。それ以降、保育園をぬけだし、電車でどこかへ行こうとしたり、習ったことの無い漢字を書いたり。そして、自分は誰かの生まれ変わりだと言い出した…(

花まんま



文藝春秋

都市伝説セピア



文藝春秋

いっぺんさん (文春文庫)



文藝春秋 2011-02-10

いっぺんさん



実業之日本社


朱川 湊人の著書を検索する

朱川 湊人の関連ニュース


朱川 湊人のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、朱川 湊人と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「朱川 湊人」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.