柴田 錬三郎

(シバタ・レンザブロウ)
柴田 錬三郎(しばた れんざぶろう、1917年(大正6年)3月26日 - 1978年(昭和53年)6月30日)は、日本の小説家、ノンフィクション作家、中国文学者。本名は齋藤 錬三郎(さいとう れんざぶろう)。シバレン(柴錬)という通称でも名高い。 歴史小説に新風を送ったことで業績は名高い。『イエスの裔』は芥川賞と直木賞の両方の候補となったが天秤にかけて直木賞を受賞し、その後選考委員となる。代表作に『眠狂四郎』『御家人斬九郎』『水滸伝』『徳川太平記』など多くがあり、戦国・幕末を扱った作品が多く、剣客ブームを巻き起こした。 戦前 岡山県邑久郡鶴山村(現・備前市)の地主・柴田知太の三男として生まれる。父は日本画家でもあった。 鶴山尋常小学校を卒業後、昭和4年(1929年)に旧制岡山県第二岡山中学校に進学。校友誌に詩や短篇を発表する。親の薦めもあり、始めは医学部に進学することを考え、上京して慶應義塾大学医学部予科を受験して入学したが、半年後に文学部予科へ移る。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)
主な受賞歴
第26回 直木賞 / 第4回 吉川英治文学賞

柴田 錬三郎の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

花嫁首 (眠狂四郎ミステリ傑作選 ) (創元推理文庫)


末國 善巳 編集 /
東京創元社

花嫁首 眠狂四郎ミステリ傑作選 (創元推理文庫)


末國 善己 編集 /
東京創元社 2017-03-21
時代小説の大家が贈る、孤高の剣士の名推理異色の探偵の活躍を描く珠玉の21編ころび伴天連(バテレン)の父と武士の娘である母を持ち、虚無をまとう孤高の剣士

御家人斬九郎 (集英社文庫)



集英社 2015-06-25

御家人斬九郎 (集英社文庫)



集英社 2016-12-02
本所に住む貧乏御家人・松平残九郎。表ざたにできない罪人の介錯を副業としていることから、ついたあだ名が「斬九郎」。腕はめっぽう立つのだけれど、酒と女、そして何より79歳になる美食家で大食漢な母親にはから

真田十勇士(一) 運命の星が生れた (集英社文庫)



集英社 2016-08-05
天正十年、真田幸村は上田城で父・昌幸と夜空を仰いだ。光を増して輝く己の星のまわりに、十の流星が飛来する。「どうやらこの幸村が智能をふりしぼって働く時、手足となって働いてくれる秀れた家来が、十人、現れま

柴田 錬三郎の著書を検索する

柴田 錬三郎の関連ニュース


柴田 錬三郎のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、柴田 錬三郎と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「柴田 錬三郎」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.