左右田 喜一郎

(ソウダ・キイチロウ)
左右田 喜一郎(そうだ きいちろう、明治14年(1881年)2月28日 - 昭和2年(1927年)8月11日)は日本の経済学者、経済哲学者。新カント主義者。法学博士。 横浜の金融界で活躍した左右田金作の長男。 神奈川県横浜市出身。幼少より秀才で鳴らし、1887年に横浜小学校では第1学年を飛ばし、2年生として入学。尋常科、高等科を7年で修了し、横浜商業学校(Y校・現横浜市立横浜商業高等学校)では予科1年の1学期の修了後に2年生に進級。Y校野球部に所属。また後年にはY校同窓会幹事長を務め、同校専修科の横浜商業専門学校(横浜市立大学)への昇格運動に携わった。 1904年東京高等商業学校(現一橋大学)卒業。同校で福田徳三に学ぶ。卒業後渡英しケンブリッジ大学でアルフレッド・マーシャル及びウィリアム・カニンガムに師事。その後ドイツバーデン=ヴュルテンベルク州に10年間留学しアルベルト・ルートヴィヒ大学フライブルクでカール・ヨハネス・フックス教授のゼミナールに参加。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)

左右田 喜一郎の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

信用券貨幣論



同文館

貨幣と価値―論理的一研究 (1928年)


川村 豊郎 翻訳 /
同文館

信用券貨幣論



同文館


左右田 喜一郎の著書を検索する

左右田 喜一郎の関連ニュース


左右田 喜一郎のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、左右田 喜一郎と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「左右田 喜一郎」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.