宗田 理

(ソウダ・オサム)
宗田 理(そうだ おさむ、1928年5月8日 - )は、日本の作家、小説家。 東京都世田谷区生まれ、愛知県西尾市一色町出身。愛知県名古屋市東区在住。日本大学藝術学部映画学科卒。子供や老人などの視点から社会の矛盾を鋭く指摘するといった作品を多く発表し、若い世代を中心に人気を博している。 また、ライトノベルと呼ばれる小説群を手掛ける作家とは世代的に異なるものの、過去にはライトノベルのレーベルから作品を発表しており、広義の意味でライトノベル作家の範疇に含める場合がある。 東京都世田谷区代田橋生まれ。父親は医院を経営する医者だったが、理が小学生の頃に亡くなり、それを機に母親の実家のあった愛知県一色町へと移る。 戦後間もなく友人と出したガリ版による同人誌にて『涅槃』という最初の作品を書く。当時のペンネームは漠蕪愚(ばくぶぐ)。アメリカ映画に衝撃を受け、やがて映像の時代が来るとの思いから日本大学藝術学部映画学科に入学し、実習の創作としてシナリオを書く。その時に書いた『雲の果て』(1991年に刊行された『雲の涯』の基となる)という作品が、講師として来ていた松竹映画専属のシナリオライター八木沢武孝の目に留まり『江古田文学』に掲載するよう推薦されたが、その頃の文芸学科の学生たちには「シナリオは文学ではない」という風潮が強く掲載を拒否された。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)

宗田 理の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

ぼくらのハイジャック戦争 (角川つばさ文庫)


はしもと しん イラスト /YUME イラスト /
KADOKAWA 2017-04-15

ぼくらのハイジャック戦争(角川つばさ文庫)<「ぼくら」シリーズ>


はしもと しん その他 /
KADOKAWA / 角川書店 2017-04-15
英治やひとみたちは、北海道へスキー旅行へ! ところが、銃を持った男たちが帰りの飛行機に現われ、ハイジャックされてしまった!? 身代金を払えなければ海外へ連れさられる……。ぼくらの生きるか死ぬかの戦い!

ぼくらの七日間戦争 (角川つばさ文庫)


はしもと しん イラスト /
角川グループパブリッシング

ぼくらの七日間戦争(角川つばさ文庫)<「ぼくら」シリーズ>



KADOKAWA / 角川書店 2013-11-08
東京下町の中学1年2組の男子生徒が廃工場に立てこもり、子ども対大人の戦いがはじまった! 女子生徒たちとの奇想天外な大作戦に、本当の誘拐事件で、大人たちは大混乱。息もつかせぬ大傑作コミカル・ミステリー!

ぼくらの天使ゲーム (角川つばさ文庫)


はしもと しん イラスト /
角川書店(角川グループパブリッシング)
【送料無料・プライム対象商品・クリーニング消毒済・袋に入れて発送(一部カテゴリーを除きます)】◆国内正規品。(若干の使用感がございますが全体的に綺麗な状態です。) ◆中古品の出品です。書き込みなど一切

ぼくらの天使ゲーム(角川つばさ文庫)<「ぼくら」シリーズ>



KADOKAWA / 角川書店 2013-11-08
「ぼくらの七日間戦争」を戦った1年2組の面々は、2学期に“1日1善運動”を始めた。大人のタバコやお酒を止めさせ、つぶれかけた幼稚園を老稚園にする計画を進め…。そして、殺人事件解決のため、暴力団と闘う。

ぼくらの大冒険(角川つばさ文庫)<「ぼくら」シリーズ>



KADOKAWA / 角川書店 2013-11-08
英治たちは噂のUFOを見にいくが、仲間2人がUFOに連れ去られたように消えてしまう。TV局の矢場や老稚園の瀬川の協力で2人の奪還に向かう。背後に宗教団体の悪だくみが…。インチキな大人と戦う大救出作戦!

宗田 理の著書を検索する

宗田 理の関連ニュース


宗田 理のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、宗田 理と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「宗田 理」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.