副島 隆彦

(ソエジマ・タカヒコ)
副島 隆彦(そえじま たかひこ、1953年5月1日 - )は、日本の評論家。「副島国家戦略研究所」(SNSI)を主宰。 1953年5月1日、福岡県福岡市生まれ。1978年、早稲田大学法学部卒業。吉本隆明・久野収・小室直樹・岡田英弘・片岡鉄哉を師と仰ぎ、政治思想・法制度論・経済分析・社会時事評論の分野で評論家として活動。それ以外にもカール・マルクスやフランシス・フクヤマやアイン・ランドやマックス・ヴェーバー、中村元、富永仲基、竹内久美子にも多大の影響を受け尊敬する。日米の政財界・シンクタンクに独自の情報源を持つとのことで、「民間人・国家戦略家」として、「日本は国家として独自の国家戦略を持つべきだ」と主張している。 学生時代 マルクス主義や社会主義等の左翼思想に影響を受け、その後ニキータ・フルシチョフのスターリン批判や世界の左派の流れと同調するように、反帝国主義・反スターリン主義のトロツキズムである新左翼の学生運動にはまっていった。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)

副島 隆彦の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

アメリカに食い潰される日本経済



徳間書店 2017-04-28
やってるフリだけのトランプ魔術に世界が騙された。ニューヨーク・ダウは史上最高値を更新。日経平均も1万9000円台まで戻した。しかし、このトランプ大統領“ご祝儀相場”はもう終わりだ。トランプの「アメリカ

税金恐怖政治が資産家層を追い詰める (幻冬舎単行本)



幻冬舎 2017-03-08
それでも“逃がせ隠せ”の20カ条税金恐怖政治の始まりである。tax terrorism という言葉は欧米世界にある。日本では国税庁がついにいわゆる富裕層への課税強化宣言を201

ユーロ恐慌――欧州壊滅と日本



祥伝社 2016-12-09
「トランプ大統領誕生」を逸早く予測し、完全的中させた著者の最新刊! 「官製相場」を超えた「国家独占金融資本主義」の時代に入りつつある日本。ますます抑圧・統制される私たちはどうすればいいのか。本書で著者

トランプ大統領とアメリカの真実



日本文芸社 2016-08-26
アメリカ政治思想研究の第一人者が断言。次はトランプで決まり! アメリカ大統領選で荒れ狂うポピュリズムの嵐──。草の根の保守的な中間・下層白人の怒りを体現するドナルド・トランプとは何者か? 違法移民、学

副島 隆彦の著書を検索する

副島 隆彦の関連ニュース


副島 隆彦のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、副島 隆彦と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「副島 隆彦」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.