末吉 暁子

(スエヨシ・アキコ)
末吉 暁子(すえよし あきこ、1942年8月27日 - )は日本の児童文学作家。 神奈川県横浜市に生まれ、3歳のときに両親の出身地である静岡県沼津市に移住。青山学院女子短期大学英文科卒業。1991年より2006年まで同大学の非常勤講師も勤める。卒業後講談社に入社。主に児童図書の編集を担当する。編集者時代、佐藤さとるにすすめられて創作活動を開始。この縁から挿絵は、佐藤と名コンビである村上勉の担当作品も多い。1975年、講談社退社後の『かいじゅうになった女の子』(偕成社)でデビュー。 1983年、編集者や作家仲間と同人誌『鬼ヶ島通信』を創刊。現在も年2回のペースで刊行中。 1996年より放送開始のNHK教育テレビの人形劇「ざわざわ森のがんこちゃん」の脚本を執筆。小学校低学年の道徳の授業の教材としても使用される。 また2000年ごろからは、「子どもの本まつり」のイベントや小学校などで、声優たちとコラボの「ペープサート(紙人形劇)」の上演を行い、小学校や被災地訪問をしている。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)
主な受賞歴
第24回 野間児童文芸賞

末吉 暁子の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

末吉 暁子の著書を検索する

末吉 暁子の関連ニュース


末吉 暁子のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、末吉 暁子と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「末吉 暁子」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.