菅江 真澄

(スガエ・マスミ)
菅江 真澄(すがえ ますみ、宝暦4年(1754年) - 文政12年7月19日(1829年8月18日))は、江戸時代後期の旅行家、博物学者。生まれは、三河国渥美郡牟呂村字公文(現在の豊橋市牟呂公文町)と伝えられる。本名は白井秀雄、幼名は英二といった。知之(ともゆき)、白超とも名乗った。 生涯・人物 父は秀真、母は千枝か。吉田町札木の植田義方に和学、和歌を学んだ。1770年頃から尾張藩の薬草園につとめ、1780年生家に戻った。その間丹羽嘉信について漢学・画技を、浅井図南から本草学・医学を修得した。各地をしばしば巡って紀行を執筆。一説には、これには植田義方というスポンサーがあり、彼が書いたものを本にして出していたともいう。1783年に30歳で故郷を出奔。刃傷などやましい事があったのではとも推測されるが、その理由は不明。故郷を離れてからも、郷里の知人に音信を知らせたりしているので、余程の事件があったものとは思えない。いずれにせよ、以来信越・東北から蝦夷地にいたる長い旅を重ねる。享和元年(1801年)に再度の秋田入りをした際には白井真隅と名乗ったが、文化7年(1810年)の日記『氷魚の村君』(ひおのむらぎみ)からは菅江真澄と名乗っている。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)

菅江 真澄の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

菅江 真澄の著書を検索する

菅江 真澄の関連ニュース


菅江 真澄のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、菅江 真澄と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「菅江 真澄」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.