杉森 久英

(スギモリヒサヒデ)
杉森 久英(すぎもり ひさひで、1912年(明治45年)3月23日 - 1997年1月20日)は日本の小説家。 石川県七尾市の公務員の家庭に生まれ、金沢市で育つ。石川県立金沢第一中学校から第四高等学校を経て、1934年(昭和9年)に東京帝国大学国文科卒業。地方公務員(公立学校教員)となり、旧制埼玉県立熊谷中学校(現在の埼玉県立熊谷高等学校)の教師となった。 教員を退職後、中央公論社編集部に入社。編集者という職に自信を失い退職後、大政翼賛会文化部、日本図書館協会などを経て、戦後河出書房に入り『文藝』の編集に従事。1947年『文藝』編集長に就任。 1953年デイヴィッド・ガーネットやフランツ・カフカの影響が色濃い短篇小説『猿』が芥川賞の候補になったのを機に作家専業となる。伝記小説の分野で活動し、1962年には同郷の作家島田清次郎の伝記小説『天才と狂人の間』で直木賞受賞。 1963年には千葉真一主演で『白い熱球』が映画化された。 死後、遺族によって七尾市に寄贈された約1万冊にのぼる蔵書や直筆原稿は、七尾市立図書館の中に杉森久英記念文庫の名で保存されている。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)
主な受賞歴
第47回 直木賞

杉森 久英の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

滝田樗陰 『中央公論』名編集者の生涯 (中公文庫)



中央公論新社 2017-05-31
明治末から大正にかけて『中央公論』主幹を務めた滝田樗陰。低迷する雑誌に文芸欄を設け文壇の登竜門にまで押し上げ、吉野作造を起用して大正デモクラシーの時代を招来した、名編集者とその時代を描く。巻末に吉野ほ

アラビア太郎 (講談社+α文庫)



講談社 2016-10-28
その男、山下太郎は、満州で莫大な財産を築くも、敗戦ですべてを喪った。しかし、戦後復興の核心となる石油を欧米制に依存している現実を危惧し、69歳でアラビア石油を創業。世間から“山師”と揶揄されながら、中

天皇の料理番 上 (集英社文庫)



集英社 2015-04-03
小さいときから強情でいたずらっこだった篤蔵は、福井の大庄屋の次男坊。高等小学校の時、ひょんなことから鯖江連隊の田辺軍曹からご馳走になった〈カツレツ〉の味に仰天。彼の運命が大きく変わることに――。その後

天皇の料理番 下 (集英社文庫)



集英社 2015-04-03
好奇心旺盛な篤蔵は、寸暇を惜しみ熱心に修行を続け、華族会館、そして上野の精養軒で働くことになる。フランス語も習得し、ついに西洋料理の本場、パリへ。各国の王室貴族などが集まる一流ホテルで下働きとしてスタ

浪人の王者頭山満 (1984年) (河出文庫)



河出書房新社
浪人の王者頭山満 (1984年) (河出文庫) [Apr 01, 1984] 杉森 久英

杉森 久英の著書を検索する

杉森 久英の関連ニュース


杉森 久英のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、杉森 久英と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「杉森 久英」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.