杉本 章子

(スギモト・アキコ)
杉本 章子(すぎもと あきこ、1953年5月28日 - 2015年12月4日)は、日本の小説家。 経歴・人物 福岡県八女市生まれ。ノートルダム清心女子大学国文科卒業。金城学院大学大学院修士課程修了。1980年、『男の軌跡』で歴史文学賞佳作入選、作家デビューを果たす。 1983年、第14回福岡市文学賞を受賞。1989年、『東京新大橋雨中図』で第100回直木三十五賞を受賞。1995年、第2回福岡県文化賞を受賞。2002年、『おすず―信太郎人情始末帖』で平成14年度中山義秀文学賞を受賞。時代小説を中心に執筆していた。 晩年はガンで余命宣告を受け、ホスピスで執筆を続けた。2015年12月4日、乳がんで死去。62歳没。 著作 『写楽まぼろし』新人物往来社 1983 のち文春文庫 『東京新大橋雨中図』新人物往来社、1988 のち文春文庫 『名主の裔』文藝春秋 1989 のち文庫 『妖花』新人物往来社 1990 のち文春文庫 『爆弾可楽』文藝春秋 1990 のち文庫 『間諜 洋妾おむら』中央公論社 1994 のち文庫、文春文庫 『残映』文藝春秋 1995 のち文庫 信太郎人情始末帖シリーズ 文藝春秋『おすず』(2001)のち文庫 『狐釣り』2002 のち文庫 『水雷屯』2002 のち文庫 『きずな』2004 のち文庫 『火喰鳥』2006 のち文庫  『その日』2007 のち文庫  『銀河祭りの二人』2008 のち文庫お狂言師歌吉うきよ暦シリーズ 講談社 『お狂言師歌吉うきよ暦』2005 のち文庫  『大奥二人道成寺』2008 のち文庫  『精姫様一条』2011 のち文庫 『カナリア恋唄』2016 『春告鳥 女占い十二カ月』文藝春秋、2010 のち文庫  『東京影同心』講談社 2010 のち文庫 『起き姫 口入れ屋のおんな』文藝春秋 2015 共著『衝撃を受けた時代小説傑作選』宇江佐真理,あさのあつこ共著 文春文庫 2011 脚注 ==。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)
主な受賞歴
第100回 直木賞

杉本 章子の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

吉原花魁 (角川文庫)


縄田 一男 編集 /
角川書店(角川グループパブリッシング)

大奥二人道成寺 お狂言師歌吉うきよ暦 (講談社文庫)



講談社 2014-03-20
大名家の奥向きで踊りをお見せする狂言師の一座に加わって間もない歌吉に、上様の御前で「道成寺」の連れ舞を披露するという大役が。相方の坂東流名取の照代は上様のお手つきで、三年前に宿さがりしながら再び召し出

精姫様一条 お狂言師歌吉うきよ暦 (講談社文庫)



講談社 2015-01-09
いまをときめくお狂言師の歌吉は、幕府隠密をひそかに助ける「手駒」も務める。将軍家の姫の嫁ぎ先をめぐり下される密命。お吉でなければ聞き出せないことがある。「どの大名家でも将軍家のご息女を迎えるのを災厄の

東京新大橋雨中図



新人物往来社


杉本 章子の著書を検索する

杉本 章子の関連ニュース


杉本 章子のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、杉本 章子と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「杉本 章子」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.