杉本 苑子

(スギモト・ソノコ)
杉本 苑子(すぎもと そのこ、1925年6月26日 - )は、日本の女性小説家、歴史小説家、文化勲章受章者。 来歴・人物 現在の東京都新宿区出身。旧制千代田女子専門学校(現 武蔵野大学)、文化学院卒業。 1952年、「燐の譜」で『サンデー毎日』の懸賞小説に入選、選考委員である吉川英治に師事する。吉川死去の翌年、『孤愁の岸』で第48回直木賞を受賞する。以後、歴史小説家として活躍する。一般向けの歴史書も記している。 1985年に『春の波濤』(原作『マダム貞奴』、『冥府回廊』)がNHK大河ドラマとして放映される。 劇場上演作多数。 受賞歴 1951年 「申楽新記」でサンデー毎日百万円懸賞小説佳作 1952年 「燐の譜」で第42回サンデー毎日大衆文芸賞入選 1962年 『孤愁の岸』で第48回直木賞 1977年 『滝沢馬琴』で第12回吉川英治文学賞 1977年 『戦乱 日本の歴史』(小学館) 1986年 『穢土荘厳』で第25回女流文学賞 1987年 紫綬褒章 1995年 文化功労者 1997年 熱海市名誉市民 1999年 NHK放送文化賞 2002年 第50回菊池寛賞/文化勲章 作品リスト 『船と将軍』(短編集)雪華社 1961 「海の翡翠」角川文庫 『孤愁の岸』(1962年、講談社)のち角川文庫、講談社文庫 宝暦治水事件を題材とし薩摩藩家老平田靱負を主人公とした歴史小説。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)
主な受賞歴
第48回 直木賞 / 第12回 吉川英治文学賞

杉本 苑子の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

風の群像(上) 小説・足利尊氏 (講談社文庫)



講談社 2016-06-24
天下取りの好機。後醍醐帝から討幕綸旨(りんじ)が下り、源氏の棟梁・足利尊氏は弟直義(ただよし)、高師直(こうのもろなお)らと旗揚げして北条氏を討った。しかし“野草の群れ”武士の暮しを守る武家政権を目指

孤愁の岸(上) (講談社文庫)



講談社 2016-06-24
財政難に喘ぐ薩摩藩に突如濃尾三川治水の幕命が下る。露骨な外様潰しの策謀と知りつつ、平田靭負ら薩摩藩士は遥か濃尾の地に赴いた。利に走る商人、自村のエゴに狂奔する百姓、腐敗しきった公儀役人らを相手に、お手

孤愁の岸(下) (講談社文庫)



講談社 2016-06-24
誰のために? 何のために? 慣れない重労働に、疫病で死ぬ者200名、巨大な権力に捨身の抗議をぶつけて屠腹する者50名。未曾有の難工事は薩摩藩士の死屍累々の上についに完成するのだが――。泥海の中に潰え去

華の碑文―世阿弥元清 (中公文庫)



中央公論新社
華の碑文―世阿弥元清 (中公文庫) [文庫] [Aug 10, 1977] 杉本 苑子

ごめんあそばせ 独断日本史 (中公文庫)



中央公論新社 2012-12-19
奈良時代の律令制度もある意味“押しつけ憲法”/公平な勤務評定があった鎌倉武士団/定家は出世亡者/清盛と田中角栄の日中国交回復/貞奴と一葉は女性史の表と裏――古代から明治へ、小説家としての立場で自由闊達

杉本 苑子の著書を検索する

杉本 苑子の関連ニュース


杉本 苑子のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、杉本 苑子と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「杉本 苑子」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.