杉村 楚人冠

(スギムラ・ソジンカン)
杉村 楚人冠(すぎむら そじんかん、明治5年7月25日(1872年8月28日) - 昭和20年(1945年)10月3日)は、新聞記者、随筆家、俳人である。本名は杉村 廣太郎(すぎむら こうたろう)。別号は縦横、紀伊縦横生、四角八面生、涙骨など多数。 朝日新聞社調査部長、記事審査部長、取締役、副社長、監査役、相談役を務めた。 生涯 幼少・青年期 1872年8月28日、和歌山県和歌山市にて出生。父は旧和歌山藩士の杉村庄太郎。 3歳の時、父と死別。以来、母の手で育てられる。 16歳で旧制和歌山中学校を中退し、法曹界入りを目指して上京。英吉利法律学校(のちの中央大学)邦語法律科で学び卒業(同校学生時代のことについては、随筆の中で再三触れている)。アメリカ人教師イーストレイク(Frederick Warrington Eastlake)が主宰する国民英学会に入学し、1890年卒業。彼の英語に関する素養は、ここで培われたと思われる。1891年、19歳にして『和歌山新報』主筆に就任するが、翌1892年再び上京し、自由神学校(のちの先進学院)に入学。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)

杉村 楚人冠の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

最近新聞紙学 (1970年) (UL双書)



中央大学出版部

湖畔吟 (1985年)



単独舎

七花八裂



丙午出版社

白馬城



至誠堂書店

へちまのかは



至誠堂書店

大英遊記



有楽社

和歌山方言集 (1975年)



国書刊行会


杉村 楚人冠の著書を検索する

杉村 楚人冠の関連ニュース


杉村 楚人冠のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、杉村 楚人冠と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「杉村 楚人冠」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.