杉田 玄白

(スギタ・ゲンパク)
杉田 玄白(すぎた げんぱく、享保18年9月13日(1733年10月20日) – 文化14年4月17日(1817年6月1日))は、江戸時代の蘭学医。若狭国小浜藩医。私塾天真楼を主催。 父は杉田玄甫、母は八尾氏の娘。諱は翼(たすく)、字は子鳳、号は鷧、晩年に九幸翁。 杉田氏は近江源氏である佐々木氏の支族である真野氏の家系。後北条氏に仕えた真野信安のときに間宮姓に改め、子の長安の代に復姓。医家としては、玄白で3代目にあたる。同時代に活躍し、間宮海峡にその名を残す探検家である間宮林蔵は同族である。 生涯 江戸、牛込の小浜藩酒井家の下屋敷に生まれるが、生母は出産の際に死去している。下屋敷で育ち、元文5年(1740年)には一家で小浜へ移り、父の玄甫が江戸詰めを命じられる延享2年(1745年)まで過ごす。青年期には家業の医学修行を始め、医学は奥医の西玄哲に、漢学は本郷に開塾していた古学派の儒者宮瀬竜門に学ぶ。 宝暦2年(1752年)に小浜藩医となり、上屋敷に勤める。宝暦7年(1757年)には江戸、日本橋に開業し、町医者となる。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)

杉田 玄白の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

解体新書 (まんがで読破 MD104)



イースト・プレス

蘭学事始 (講談社学術文庫)


片桐 一男 翻訳 /
講談社

新装版 解体新書 (講談社学術文庫)


杉田 玄白 翻訳 /酒井 シヅ 翻訳 /
講談社

蘭学事始 ほか (中公クラシックス)


芳賀 徹 翻訳 /緒方 富雄 翻訳 /楢林 忠男 翻訳 /
中央公論新社

解体新書 完全復刻図版集


LOGDESIGN publishing 編集 /
LOGDESIGN Inc 2014-10-01
【解体新書-完全復刻図版集】杉田玄白、前野良沢らによって1774年(安政三年)に刊行された日本初の翻訳書「解体新書」。本書では解体新書を構成する全5巻のうち、人体解剖図を掲載し

杉田 玄白の著書を検索する

杉田 玄白の関連ニュース


杉田 玄白のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、杉田 玄白と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「杉田 玄白」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.