杉浦 日向子

(スギウラ・ヒナコ)
杉浦 日向子(すぎうら ひなこ、本名:鈴木 順子(すずき じゅんこ)、1958年〈昭和33年〉11月30日 - 2005年〈平成17年〉7月22日)は、日本の漫画家、江戸風俗研究家、エッセイスト。 兄はカメラマンの鈴木雅也。元夫は作家・博物学者の荒俣宏。 生涯 東京・日本橋の呉服屋に生まれる。5歳上の兄の影響で、ロック・映画などのサブカルチャーに早くから関心を寄せる。 日本大学鶴ヶ丘高等学校時代に大相撲が好きになり、特に魁傑のファンになる(のちに魁傑の弟子の大乃国の大ファンにもなっている)。しかし、数学や物理が好きな理系少女でもあった。 高校卒業後、アート・ディレクターを志望して日本大学芸術学部にエスカレーター入学。しかし講義に興味が持てず、2年で中退。家業を手伝いながら、手描きの友禅の勉強をする。やがて、独学で勉強できる「時代考証」に興味を抱き、朝日カルチャーセンターでの稲垣史生の「時代考証教室」に通い、その熱心さに稲垣に正式な「弟子」として認められ、稲垣の川越の自宅に3年間通った。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)

杉浦 日向子の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

百物語 (新潮文庫)



新潮社

百日紅 (上) (ちくま文庫)



筑摩書房
百日紅 (上) (ちくま文庫) 文庫 – 1996/12/1

百日紅 (下) (ちくま文庫)



筑摩書房
人気も名声もあるが気随気ままに描いているような50代の葛飾北斎、こちらも絵師としての実力は確かな二女のお栄、そして元・武士の女好きで北斎に私淑する善次郎(のちの渓斎英泉)の三人が主要人物。時代は文化文

杉浦 日向子の著書を検索する

杉浦 日向子の関連ニュース


杉浦 日向子のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、杉浦 日向子と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「杉浦 日向子」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.