住井 すゑ

(スミイ・スエ)
住井 すゑ(すみい すえ、1902年1月7日 - 1997年6月16日)は、奈良県出身の小説家。代表作は『橋のない川』で、被差別部落出身ではないが部落差別について取り組んだ。住井 すゑ子名義による著作もある。 夫は編集者・農民文学者の犬田卯。ジャーナリスト・エッセイストの増田れい子は実娘。画家のHATAOは孫であり、その妻は絵本作家の永田萠。 来歴・人物 奈良県磯城郡平野村(現在の田原本町)の生まれ。東京府豊多摩郡杉並町(現在の東京都杉並区)在住を経て、1935年に夫の郷里である茨城県稲敷郡牛久村城中(現在の牛久市城中町)の小川芋銭宅のすぐ近くに転居し、執筆と農作物自給生活の拠点とする。以降60年以上、同所に居住。代表作『橋のない川』を初め、多くは農村で執筆された。 年表 1902年1月7日、奈良県磯城郡平野村満田の富裕な家庭に生まれる。実家は大和木綿の製造業と農業を営んでいた。幼い頃、被差別部落の草履商からたびたび実家に訪問販売を受け、部落問題と出会った。 田原本技芸女学校在学中に「少女世界」等の雑誌に投稿 1919年~1920年、講談社婦人記者 1921年、長編小説『相剋』を出版(住井すゑ子名義)。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)

住井 すゑの著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

橋のない川 全7巻セット (新潮文庫)




橋のない川 全7巻セット (新潮文庫)

水平社宣言を読む



解放出版社
住井すゑ プロフィール 1902年、奈良県に生まれる。大正デモクラシー興隆期に上京し、編集者(講談社)として仕事を始める。後に、農民文学者犬田卯氏と結婚し、19歳から文筆活動に入る。1954年には『夜

住井 すゑの著書を検索する

住井 すゑの関連ニュース


住井 すゑのウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、住井 すゑと関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「住井 すゑ」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.