薄田 泣菫

(ススキダ・キュウキン)
薄田 泣菫(すすきだ きゅうきん、1877年(明治10年)5月19日 - 1945年(昭和20年)10月9日)は、日本の詩人・随筆家。本名、淳介(じゅんすけ)。 『暮笛集』『白羊宮』などで島崎藤村、土井晩翠の後を継ぐ浪漫派詩人として登場。また、象徴派詩人として蒲原有明と併称された。大正以後は詩作を離れ、『茶話』『艸木虫魚』などの随筆集を書いた。 生涯 1877年5月13日、岡山県浅口郡大江連島村(現在の倉敷市連島町)に、薄田篤太郎、里津の長男として生れた。父は村役場の書記で、俳諧を嗜んでいた。玉島高等小学校を経て、岡山県尋常中学校(後に第一岡山中学校。現在の県立岡山朝日高校)を中退。1894年上京し、上野書籍館に通いながら漢学塾二松學舍(現在の二松學舍大学)で学ぶ。1897年、帰郷すると、いくつか詩を作り『新著月刊』に投稿、後藤宙外、島村抱月らに絶賛され掲載された。翌年第一詩集『暮笛集』を刊行、『小天地』を編集しながら『明星』などに詩を載せ、『ゆく春』『白羊宮』など、古語や漢語を多用した詩風で、蒲原有明とともに泣菫・有明時代を築き、島崎藤村、土井晩翠後の明治後期の詩壇を背負って立った。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)

薄田 泣菫の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

作品に書きたい 心の詩(うた)


渡部忍 編集 /
天来書院

だから猫は猫そのものではない


吉田和明 編集 /新田準 編集 /
凱風社

完本 茶話 (上) 冨山房百科文庫 (37)


谷沢 永一 編集 /浦西 和彦 編集 /
冨山房

泣菫随筆 (冨山房百科文庫)


谷沢 永一 編集 /山野 博史 編集 /
冨山房

釣りの文学選(第2巻)―釣り好き作家達の随筆と文学 (響林社文庫)


しみじみ朗読文庫 編集 /
響林社 2015-10-17
釣り好き作家達による釣りの随筆と文学選の第2集は、次の21作品です。幸田露伴や葉山嘉樹の作品のような毛色の変わった文学作品も含めてあります。 夏と魚(佐藤惣之助) 

完本 茶話 (中) 冨山房百科文庫 (38)


谷沢 永一 編集 /浦西 和彦 編集 /
冨山房

一葉のポルトレ (大人の本棚)


小池昌代(解説) その他 /
みすず書房

独楽園



創元社


薄田 泣菫の著書を検索する

薄田 泣菫の関連ニュース


薄田 泣菫のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、薄田 泣菫と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「薄田 泣菫」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.