鈴木 光司

(スズキ・コウジ)
鈴木 光司(すずき こうじ、1957年5月13日 – )は、日本の作家、小説家、エッセイストである。 静岡県浜松市出身。本名、鈴木 晃司。静岡県立浜松北高等学校、慶應義塾大学文学部仏文科卒業。大学卒業後は専業主夫の傍ら自宅で学習塾を開き1人で全教科を教えながら小説を執筆する。 デビュー作の1990年の『楽園』は、1万年という時を超えた男女の愛を描く壮大なスケールの小説で、日本ファンタジーノベル大賞優秀賞を得た。『リング』は横溝正史ミステリ大賞最終候補まで残り、映像化され、ホラーブームの火付け役となった。その続編である『らせん』は1995年、第17回吉川英治文学新人賞を受賞した。 『リング』・『らせん』は映画化され大ヒットし、リングシリーズとして『リング2』、『リング0 バースデイ』が製作された。『リング』はのちに米国で『ザ・リング』としてリメイクされて話題となった(リメイクが決定した際、米国では鈴木光司を「日本のスティーブン・キング」と表して紹介された)。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)
主な受賞歴
第17回 吉川英治文学新人賞

鈴木 光司の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

リング (角川ホラー文庫)



角川書店
リング (角川ホラー文庫) [文庫] [Apr 22, 1993] 鈴木 光司

リング



角川書店(角川グループパブリッシング)

リング


KADOKAWA 出版社 /丸山 雪野 ナレーション /
KADOKAWA
「リング」シリーズ〈1〉 同日の同時刻に苦悶と驚愕の表情を残して死亡した四人の少年少女。雑誌記者の浅川は姪の死に不審を抱き調査を始めた。――そしていま、浅川は一本のビデオテープを手にしている

リング<「リング」シリーズ> (角川ホラー文庫)



KADOKAWA / 角川書店 2013-08-01
同日の同時刻に苦悶と驚愕の表情を残して死亡した四人の少年少女。雑誌記者の浅川は姪の死に不審を抱き調査を始めた。――そしていま、浅川は一本のビデオテープを手にしている。少年たちは、これを見た一週間後に死

楽園 (角川文庫)



角川書店(角川グループパブリッシング)

楽園 (角川文庫)



KADOKAWA / 角川書店 2013-09-09
はるか昔のモンゴル砂漠、南太平洋に浮かぶ島、アリゾナの地底湖……男女の愛の邂逅を描く、3つの壮大な物語。時空を越えたファンタジーノベル大賞にして、著者デビュー作。

楽園 (新潮文庫)



新潮社

楽園



新潮社

楽園


KADOKAWA 出版社 /梶山 はる香 ナレーション /
KADOKAWA
はるか昔のモンゴル砂漠、南太平洋に浮かぶ島、アリゾナの地底湖……男女の愛の邂逅を描く、3つの壮大な物語。時空を越えたファンタジーノベル大賞にして、著者デビュー作。

らせん<「リング」シリーズ> (角川ホラー文庫)



KADOKAWA / 角川書店 2013-08-01
幼い息子を海で亡くした監察医の安藤は、謎の死を遂げた友人・高山竜司の解剖を担当した。冠動脈から正体不明の肉腫が発見され、遺体からはみ出た新聞紙に書かれた数字は、ある言葉を暗示していた。……「リング」と

鈴木 光司の著書を検索する

鈴木 光司の関連ニュース


鈴木 光司のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、鈴木 光司と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「鈴木 光司」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.