橘 玲

(タチバナ・アキラ)
橘 玲(たちばな あきら、男性。1959年 - )は、日本の作家。本名は非公開。早稲田大学第一文学部卒業。元・宝島社の編集者。日本経済新聞で連載を持っていた。海外投資を楽しむ会創設メンバーの一人。2006年「永遠の旅行者」が第19回山本周五郎賞候補となる。デビュー作は経済小説の「マネーロンダリング」。投資や経済に関するフィクション・ノンフィクションの両方を手がける。 著作リスト 単著 マネーロンダリング(幻冬舎 2002年 ISBN 4344001869) お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方(幻冬舎 2002年 ISBN 4344002628) 得する生活(幻冬舎 2003年 ISBN 4344004264) 雨の降る日曜は幸福について考えよう Think Happy Thoughts on Rainy Sundays(幻冬舎 2004年 ISBN 4344006712)※2009年に『知的幸福の技術 自由な人生のための40の物語』のタイトルで文庫化。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)

橘 玲の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

臆病者のための億万長者入門



文藝春秋 2014-06-20
株を始めるならこの1冊、という信用を得てロングセラーとなった『臆病者のための株入門』から8年。『臆病者のための裁判入門』に続き、シリーズ第3弾が出ました!今回は株だけではありません。宝くじ

臆病者のための株入門



文藝春秋 2013-05-10
初心者のためのやさしい株入門決定版! 「こんなに親切に説明してあって役に立つ株の本はないと思います」と著者自らが太鼓判を押す。なぜって、商売がらみで書かれたり語られたりする投資の本の中にあって、ニュー

言ってはいけない―残酷すぎる真実―(新潮新書)



新潮社 2016-04-22
ひとは幸福になるために生きているけれど、幸福になるようにデザインされているわけではない。この社会にはきれいごとがあふれている。人間は誰しも平等で、

バカが多いのには理由がある 〈理由がある〉シリーズ (集英社文庫)



集英社 2017-03-03
私たちはみんな、“直感”にとらわれた「バカ」である。日本の急激な“右傾化”も、“正義”を巡る対立も、メディアの“捏造”も、全ては物事を直感で捉える「ファスト思考」という魔物のせいだった!? 嫌韓と反中

お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方2015 知的人生設計のすすめ



幻冬舎 2014-10-10
経済的独立を手にした人続出!! 30万部を超えるベストセラーになった『お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方』を12年ぶりに全面改訂。「『黄金の羽根』を読んで人生が変わりました」と

橘 玲の著書を検索する

橘 玲の関連ニュース


橘 玲のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、橘 玲と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「橘 玲」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.