橘 外男

(タチバナ・ソトオ)
橘 外男(たちばな そとお、1894年10月10日 - 1959年7月9日)は、日本の小説家。石川県出身。甥に少年画報社の漫画編集者で『ヤングコミック』創刊者の橘賢晋がいる。 陸軍歩兵大佐橘七三郎の三男として金沢に生まれ、父の転任に伴い、熊本や高崎で育つ。15,6歳から小説に熱中し、下級生を恐喝して旧制高崎中学校を諭旨退学となるなど、旧制中学を退学になること数度。父に勘当され、札幌で北海道鉄道管理局長を務める叔父に預けられたが、北海道鉄道管理局勤務中、芸妓に迷い、業務上横領罪で実刑判決を受け、21歳の時から札幌監獄で1年ほど服役。その経験を『私は前科者である』、『ある小説家の思い出』に書いている。 27歳で妹の死去に逢い発奮して小説『太陽の沈みゆく時』を刊行。大正年間にキリスト教の影響の強い小説を書いていたが、作家として世に出るのは1936年に「文藝春秋」の実話小説の懸賞募集に『酒場ルーレット紛擾記(バー ルーレット トラブル)』が入選してからである。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)
主な受賞歴
第7回 直木賞

橘 外男の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

橘外男選集

¥2700

パンダ・パブリッシング 2015-10-01

橘外男選集: 悲哀人獣篇



Panda Publishing 2015-08-23
「人獣交合の描写のエロティシズムとグロテスクぶりにかけては、この橘外男の『陰獣トリステサ』以上のものは、まだ世界のどこの文学にも現われていないようだ」と澁澤龍彦が絶賛した隠れた名作も収

橘外男ワンダーランド ユーモア小説篇


山下 武 編集 /
中央書院


橘 外男の著書を検索する

橘 外男の関連ニュース


橘 外男のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、橘 外男と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「橘 外男」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.