立花 隆

(タチバナ・タカシ)
立花 隆(たちばな たかし、本名:橘 隆志 1940年5月28日 - )は、日本のジャーナリスト・ノンフィクション作家・評論家。 1940年 長崎県長崎市に生まれる。父は長崎の女学校教師で後に編集者を務め、母は羽仁もと子の信奉者で、クリスチャンの家庭。戦前の右翼思想家・橘孝三郎は、父のいとこに当たる。 1942年(昭和17年) 父が文部省職員として北京の師範学校副校長となったため、一家で中華民国へ渡る。 1946年、引き揚げで日本へ戻り、一時母方の茨城郡那珂西に住み、のちに父の郷里茨城県水戸市に移る。 茨城師範学校(茨城大学)付属小学校、中学校を経て、1956年(昭和31年)に水戸一高、千葉県に移ったため東京都立上野高等学校への転入を経る。小学校時代から読書に熱中し、自らの読書遍歴を記した文章を残している。また、中学時代は陸上競技にも熱中。俳優の梅宮辰夫・モータージャーナリストの徳大寺有恒は中学時代の先輩であり、三人とも陸上競技選手だった。 1959年(昭和34年) 東京大学文科二類へ入学。在学中は小説や詩を書き、イギリスで開かれた原水爆禁止世界会議に参加。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)

立花 隆の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

文藝春秋2017年5月号[雑誌]



文藝春秋 2017-04-10
月刊「文藝春秋」5月号 おもな記事【特別対談】佐藤愛子×又吉直樹「人生には貧乏が必要だ」【独占手記】小池百合子 「石原慎太郎の嘘、豊洲移転の判断」

文藝春秋2017年4月号[雑誌]



文藝春秋 2017-03-10
月刊「文藝春秋」4月号 おもな記事【グラビア】一挙に13ページ掲載!羽生結弦 美しき挑戦者2010-2017……2010~2017年シーズン、演技中の真

文藝春秋2017年3月号[雑誌]



文藝春秋 2017-02-10
月刊「文藝春秋」3月号 おもな記事 【芥川賞発表】 ◎「しんせかい」山下澄人 …倉本聰「富良野塾」での体験をもとに描く青春小説 ◎インタビュ

読書脳 ぼくの深読み300冊の記録 (文春e-book)



文藝春秋 2016-05-13
人間の知の世界全体がいまほど劇的に変わりつつある時代はない。そんな時代に「知の巨人」が選んだ読むべき本とは。第1部 巻頭対談 石田英敬東大教授×立花隆 「読書の未来

武満徹・音楽創造への旅 (文春e-book)



文藝春秋 2016-08-26
世界的な名声を得た現代音楽の巨星、武満徹。その生い立ち、青春、恋愛から創作の秘密まで、「知の巨人」立花隆が迫った傑作ノンフィクション。「ぼくはあの人にだったら、全部

がん 生と死の謎に挑む (文春文庫)



文藝春秋 2016-05-13
そもそも、がんとはいかなる病気なのか。がん本質論に真っ向から取り組んだNHKスペシャルなど4本の番組の情報量が詰まった一冊。がんについて知っておくべき基本的事実と、がんについて考えるときに

立花 隆の著書を検索する

立花 隆の関連ニュース


立花 隆のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、立花 隆と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「立花 隆」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.