立原 正秋

(タチハラ・マサアキ)
立原 正秋(たちはら まさあき、金胤奎、キム・ユンキュ、김윤규、1926年1月6日 - 1980年8月12日)は、朝鮮半島出身の日本の小説家・随筆家・詩人・編集者。 1926年(大正15年)1月6日、朝鮮慶尚北道(現在の韓国慶尚北道)安東郡生れ。早稲田大学専門部国文科中退(入学時は法律学科)。 小林秀雄を導き手として世阿弥の芸術論や謡曲をはじめとする中世の日本文学に深く沈潜し、「中世」をみずからの創作活動の原点とした。 父の病没後、母が渡日したのをうけ日本に定住。丹羽文雄主催の『文学者』に参加し、小説を書き始める。 「薪能」(1964年)、「剣ヶ崎」(1965年)が芥川賞、「漆の花」(1965年)が直木賞候補となり、みずからを「純文学と大衆文学の両刀使い」と称して流行作家となる。 1966年(昭和41年)、「白い罌粟」で第55回直木賞を受賞。大人の愛を描いた小説に人気がある。 編集者としても、同人文芸誌『犀』刊行の中軸を担い、また、第7次『早稲田文学』の編集長を務めるなどし、吉田知子、古井由吉ら多くの作家、評論家を世に送った。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)
主な受賞歴
第55回 直木賞

立原 正秋の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

冬の旅



新潮社 2013-07-01
美しく優しい母を、義兄修一郎が凌辱しようとした現場を目撃した行助は、誤って修一郎の腿を刺して少年院に送られる……。母への愛惜の念と義兄への復讐を胸に、孤独に満ちた少年院での生活を送る行助を中心に、社会

冬の旅 (新潮文庫)



新潮社

立原正秋 電子全集17 『春の鐘 奈良路を往く』



小学館 2017-04-14
奈良と東京を舞台に、“新旧の対決”を描いた『春の鐘』は、極上の“大人のメルへン”でもあった。ほか『花のいのち』を併禄。『春の鐘』は、日経新聞連載作品『残りの雪』から4年後の、昭和48年

薪能【朗読CD文庫】



横浜録音図書株式会社
=製品について= すべてプロの朗読により作品の持ち味を大切に、原文の省略はありません。 =録音について= 原作の章を参考に内容に添ってトラックナンバーを入れてあります。(全収録時間:128分52

立原正秋 電子全集9 『直木賞受賞』



小学館 2016-08-12
直木賞受賞作『白い罌粟』、出世作『薪能』、“血の問題”と戦争を描いた『剣ケ崎』『夏の光』等、立原文学の代表作が一同に。収金貸業者を踏み倒すことを仕事としている奇妙な男に惹かれて

立原正秋 電子全集6 『情炎 紫陽花の北鎌倉』



小学館 2016-05-13
「感下院」を“城”と呼ぶ立原の青春小説『美しい城』と、北鎌倉の歌会で出会った男との新たな恋に震える『情炎』を収録。妻を顧みない夫の日々に、北鎌倉の歌会で再会した亡き母の男だった

立原 正秋の著書を検索する

立原 正秋の関連ニュース


立原 正秋のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、立原 正秋と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「立原 正秋」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.