立原 道造

(タチハラ・ミチゾウ)
立原 道造(たちはら みちぞう、1914年(大正3年)7月30日 - 1939年(昭和14年)3月29日)は、昭和初期に活動し24歳で急逝した詩人。また建築家としても足跡を残している。父は立原貞次郎(婿養子)、母は立原登免(通称 光子)。次男として生まれる。先祖には立原翠軒、立原杏所などがいる。学歴は東京帝国大学工学部建築学科卒業。学位(当時は称号)は工学士(東京帝国大学)。戒名は温恭院紫雲道範清信士。墓は東京都谷中の多宝院。賞歴は、辰野賞3年連続受賞、中原中也賞受賞。 生涯 1914年(大正3年)、立原貞次郎、とめ夫妻の長男として日本橋区橘町(現:中央区東日本橋)に生まれる。家系は桓武平氏の一家系 常陸平氏 大掾氏の一門 鹿島氏の庶流 立原氏。近い祖先には水戸藩の儒家で『大日本史』を編纂した立原翠軒、画家立原杏所がいるという。1927年(昭和2年)、13歳の折、北原白秋を訪問するなど、既に詩作への造詣を持っていた。同年、口語自由律短歌を『學友會誌』に発表、自選の歌集である『葛飾集』『両國閑吟集』、詩集『水晶簾』をまとめるなど13歳にして歌集を作り才能を発揮していた。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)

立原 道造の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

立原道造詩集 (青春の詩集 日本篇 6)


神保 光太郎 編さん /
白凰社

立原道造詩集 (ハルキ文庫)



角川春樹事務所

立原道造詩集 (岩波文庫)


杉浦 明平 編集 /
岩波書店

立原道造詩集 (世界の詩 42)


小山 正孝 編さん /
彌生書房

立原道造詩集 (芸林21世紀文庫)


安藤 元雄 編集 /
芸林書房

立原道造詩集


小川 和佑 編集 /
明治書院

立原道造詩集 僕はひとりで 夜がひろがる


魚喃 キリコ イラスト /
パルコ


立原 道造の著書を検索する

立原 道造の関連ニュース


立原 道造のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、立原 道造と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「立原 道造」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.